金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
心の重荷~楯と鎧と剣~
これまでも自意識やエゴについて
自分なりのイメージを書いてきましたが…

ふとそれは心の鎧であり、剣でもある
のではないか?と思いつきました。

では、それは一体ナニを守っているの?

きっとそれは…

弱い・否定的な・ネガティヴな・劣った・不充分な自己
(像・観・イメージ)を守り、肯定し、保つための道具
(機能)だとはいえないでしょうか?

それは折にふれ、個々人さまざまなコダワリ
というカタチになって現れます。

誰かがそれに反すると、すぐさま相手の攻撃と反応し

自分が否定される痛みを感じるが速いか
それはすぐさま許せなさ・怒りという感情を生み
正しさや強さを楯にして相手を責め、攻撃する
という展開につながるように思います。

もともと、自分に対して肯定的なイメージを持ち
満足し、安心していられる人は、過度に自分を守ったり
ましてや相手を攻撃する必要はありません


つい頑張ってしまうのはどんなこと?
そうでない・そうしないと気が済まないことはなに?
そうでない・そうしない人に腹が立つのはどんなこと?
ついついやかましく文句をいってしまうのはどんな時?

その物事は、自分を肯定するために必要な鎧
だといえるのかも知れません。

それは自分自身が、ありのままの自分を
弱い・否定的な・ネガティヴな・劣った・不充分
だと認識していることの裏返しなのです。

重い強固な鎧や剣を、心に装着して歩くには
膨大な心のエネルギーを消耗します。

いつか力尽き、無気力になってしまうのも
無理がないように思うのです。

それを脱ぐための第一歩は、それに気づくこと。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)


[PR]

by dryangle | 2009-08-05 22:09 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< ふれあい欠乏症 お知らせ >>

Illustration by ふわふわ。り