金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
怒りの『発作』を考える。
最近こそ「地雷を踏む」という表現が
出回ってきましたが…

こちら側の非を一点も見つけ出せないくらいに
誰かからの(不当な、意外な、驚くような)
怒りを買ってしまった経験がありませんか?

発端は多種多様、また些細で予想が難しいですよね。

反対に自分も、時々許せないスイッチが入り
執拗に相手を責めてしまうようなことがあります。
そして感情を大爆発させてしまうような人やケースも。

つい、どちらが正しいか(どちらに非があるか)?
という発想に行きがちなのですが、そうすると
一方はともかく、双方がスッキリする展開を生みません。

この頃、そのような状況を『怒りの発作』が
起こったのだと考えるようになりました。

それは病気が引き起こす発作同様、自分の苦しさは
もとより、相手を動揺させショックを与えます。
最悪の場合、深い、時には致命傷を負わせることも^^;

とはいえ、その人(あるいは自分)が「発作持ち」だと
知った上で対処法を心得ていたら。
それ以前に、発作を起こしやすい人がいることを
認識していたら。

発作が持続したり、爆発したりで、相手に与える(自分が受ける)
ショックの程度を抑えることができるかも知れません。

発作持ち」の人の不当なふるまいをどれだけ指摘し
批判しても、この発作はなかなか改善されません。

この発作を互いに認識し、そのメカニズムを考えることで
良い変化が訪れるのではないかと思うのです。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2009-10-15 09:32 | ココロのカラクリ | Comments(4)
Commented by hana at 2009-10-16 21:16 x
こんばんは^^。
以前、dryangleさんからこのようなアドバイスをいただきました。
>「ツボを押されても動じなくなる」というようにいきなり変>わるわけではなく、その反応が穏やかになるように「だ>んだんと変わる」ことをご自分に許してあげてください。
>相手だけではなく、「ご自分に対して」やさしく許すことが>ポイントのような気がします^^。
確かに、ツボに入ってしまいそうなる前に自力でだいぶ回避できるようになってきたのですが、やはり息子が時々容赦なしに地雷を踏んでくれるのです(苦笑)。
一時は、一度暴走してしまった私を誰も(私自身も)止められない!という悲惨な所まで行ってしまった事もあったのですが(苦笑)、数え切れない自己嫌悪を繰り返し、最近の私は少し心の持ち方(考え方)を変えてみて、ここ最近は、だいぶマシになったんですよ。
Commented by hana at 2009-10-16 21:17 x
今のあるがままの幸せを受け入れられるようになったんです。
息子をもし、突然の事故や病気で亡くしてしまったら・・・、旦那さんを急に亡くしてしまったら・・・もしくはとんでもない犯罪を犯してしまったら???(どれもマイナスの考えなんですけど)そんな事を考えると、息子が地雷を踏もうが、主人の事をどんなに不満に感じる事があっても、やっぱりどんな形でもいい!そばにいて欲しい、元気で健康で笑顔でそこにいてくれるだけで、感謝なんだわ!と思えるようになったんです。そうしたら今までの不満がとても小さい事に思えるようになって、少々の事では動じなくなんたんです(笑)。もちろん、まだ抑えがきかなくて、プチ爆発はしてしまうのですが・・・。
あまりおススメできる方法でもないのですが^^;。
ただ、母との事はまだ自分の中で処理しきれていませんが、でも最近は母への感謝の気持ちの方がダンゼン大きくなってきています^^。
(ブログ開始しました^^良かったら遊びにいらして下さいね)
Commented by dryangle at 2009-10-17 10:49
hanaさん、「緩やかに」というより大きく変化されているのですね。
「コレは地雷だ、ツボだ、スイッチだ」とその瞬間(たとえ事後でも)
気づくことを繰り返していくうちに、自動反応までの間をかせぐこと、
さらには反応を変える余裕も生まれてくるように思います。

まぁ威力の弱いプチ爆発は、多少ご自分に許してもいいのでは
ないでしょうか?ワタシ達は生身の人間なのですし、だからこそ
自分の側も相手(ご主人やお子さん)の感情の揺れを許容する
幅を持てそうな気がします^^。

お母さまへの感謝の気持ち、ものスゴイ、そして素晴らしいこと
だと思います。そこまでに至ったhanaさんのお気持ちに尊敬の
念すら覚えます^^。

Commented by dryangle at 2009-10-17 10:56
ワタシの方の目下の課題は、親のあり方同様「子どものあり方」にも
いちいち動揺させられなくなることです。
自分の尺度で計って、不安になったり、干渉したり、過保護にしたり。
努めて意識しないと、これがなかなかムズカシイ^^;
「子離れの苦業」ではないかと感じます。片や子どもの側といえば、
意欲的に「親離れ」していくのになぁ(〃´o`)=3

ブログ開設オメデトウ!時々遊びに行かせていただきますね!
<< 空に顔を向けてほほ笑んでみよう! "自分"と... >>

Illustration by ふわふわ。り