金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
鏡に映るヴァンパイア①
一連のゲームの話について、さらに考えていると
ふとコントロール・ドラマという言葉に思い当たりました。

コントロール・ドラマとは、やはり心理分析に使われる
概念の一つです。

子どもの頃、おもに両親との関係において形成される
コミュニケーションのパターンであり、他者との関係において
(心理的な)エネルギーを得るために、ほとんど無意識のうちに
用いる言葉や行動のパターンとされています。

これらは
脅迫者(Intimidator)・被害者(Poor me )
尋問者(Interrogator)・傍観者(Aloof)

の4つの型に分類でき、人によっては二つ以上の型を
使い分けているという研究があります。

脅迫者は被害者を作り、うまくいかないともう一人の脅迫者を生み出します。
尋問者は傍観者を、傍観者は尋問者を生みます。そのようにして
人間関係の中に増殖・蔓延していくといえます。


威嚇し脅迫する人。不幸を訴え罪悪感を持たせる人。
詮索し批判しする人。自分を隠し近寄り難い人。

誰かと会話をしただけで、どっと消耗したような
落ち込んだ気分になったことはありませんか?


一緒にいるだけで、なぜかどっと疲れる人。

これといった原因が思いつかないのに、なぜか
不安にさせられたり、落ち込んだり、空しくなったり
申し訳ないような気持ちにさせられてしまう。
恐れ・罪悪感・劣等感・羞恥心が刺激される。

まるで心のエネルギーが奪われてしまうかのような
激しい消耗感。

そのせいかコントロール・ドラマを行う人は、一部では
Psychic Vampires, Emotional Vampires
名づけられています。

日本ではエナジー・ヴァンパイアという言葉が
多く使われているようです。

とはいえ…
このモンスターを見抜き、早々と逃げることだけが
真の解決法だとはいえないような気がします。

これにもやはり根底では、双方の関係性の問題
しっかりと絡み合っているのではないでしょうか?

…次回に続きます。


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-03-07 10:30 | ココロと思想 | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2010-03-08 10:07 x
いました。いました。会話の相手をしていなくても、その人の話が耳に入るだけで、ドッと疲れる人が。息子のスイミングを待っている間に毎回、「怨念を垂れ流すような話」が聞こえて・・・。日を変えました。クワバラクワバラ。「家族でなくて良かった。」と思いましたよ。
逃げるだけではいけないのですか?次のブログを楽しみにしています。
Commented by dryangle at 2010-03-10 15:03
ハルさん、こんにちは。重要な関係にある人でない場合、まず距離を置いてみることが最善策といえるように思います。
それが身近な人である場合や、避けてもなお似たような人が近くに廻りくる場合、もしかしたら「自分の内に」それを引き寄せるナニカがあるかも知れない…まるでマグネットのように。
次回はそんなところを掘り下げていこうと考えています^^。
<< 鏡に映るヴァンパイア② ●お知らせ● >>

Illustration by ふわふわ。り