金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
いわゆる「育てにくい子ども」を持つお母さんへ
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


最近軽度のPDD(広汎性発達障害)、また正常範囲であっても
発達段階で不安定だというお子さんを持つ親御さん方の
お話を伺う機会に恵まれました。

育てにくい、相性が悪い、個性的、パニックになりやすい(キレやすい)
しゃべらない(しゃべり過ぎる)、自分の頭を叩いたり壁にぶつける
他人を叩く、グループ行動ができない、偏食、落ち着かない、反抗的
目立つ、機嫌が悪い、気持ちが伝わらない

…一体どうして!?

発達障害などの詳細について、この場では割愛させていただきますが

積極的な療育の対象にならない、正常だけれど個性の強い、コダワリや
感受性の度合いが異なる、いわばグレーゾーンのお子さんとの関係に
苦しんでいるお母さんの気持ちのケアや、周囲の理解の必要性
お伝えしたく思いました。

じつはワタシ自身が、以前お子さんとの関係のご相談に対して
(そのようなタイプのお子さんと知らず)、ずいぶんと的外れな
コメントをしていたのでは?という反省があります。

今は極力情報を得て、学び、お気持ちを聞かせていただくように
心がけています。

「躾がなっていない」と言われたり、周囲の怪訝そうな視線に
責められているような気持ちになり、わかっていても子どもに対して
感情的になってしまい、怒鳴ったり、叩いたりしてしまう。

お子さんとの接し方のノウハウを実践していくという以前に
その状況を受け入れがたい、現実が辛くて苦しいという
自分の心の抵抗と衝突して苦悩しているのではないでしょうか?

周囲に合わせるのではなく、その子に合った子育てのために

まず自分の痛みに気づくことが、お子さんの痛みに気づき
より良い対応をする土台になるかと思います。

自分のネガティヴな気持ちに寄りそってあげてください。

一人で抱え込まないようにしてくださいね。
同じ悩みを持つ人は意外とたくさんいます。
気持ちを吐き出す場所や時間を、そして
味方になってくれる人を探してください。

…これは、一般の人間関係や子育てについても
いえることですが

自分という苦悩の壁が、目の前の相手の問題によって
あぶり出されてくるような気がしてなりません。

とはいえ、それは自分という枠を超え
新しいステージに踏み出す糸口だともいえそうです^^

自分の問題も、誰かの問題も
責めるのではなく、理解しようとすること
そして理解の輪、現実のサポートが広がりますように。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・^・~・~・~・~・~

『自閉症の原因と予防 自閉症の新しい理論 白石勧氏』
↑自閉症の原因について、新生児の「刷り込み」の欠落に
その要因があるのでは?という説を主張。
偶然知ったのですが、大変興味深い内容でした。

↓ちなみに英文ですが、最初に関心を持った記事です。
『Is Autism an Imprinting Error? by Bill Ahearn, Ph.D., BCBA-D in A Radical Behaviorist』
Bill Ahearn is Director of Research at the New England Center for Children, a private nonprofit educational facility for children with autism.
参考までに^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-04-21 09:55 | 子育て・教育 | Comments(6)
Commented by CH at 2010-04-28 01:38 x
Dryangleさん、こんにちは。
私もちょうど今、息子たちに手を焼いていまして、週末は本当に怒鳴り散らしてしまいました。すぐに反省しましたけど。
でもそうですね、自分の苦悩の壁ですね。すごく新鮮な考え方です。そう思うと少し気も楽になりますね。

また考えるヒントになりました。ありがとうございます。
Commented by dryangle at 2010-04-28 12:18
こちらこそ、コメントをありがとうございます。同様の問題に悩む友人の中ではその気持ちや受けとめ方も十人十色です。「殴って収める」ことをパターンにしてしまったある方はお子さんのあり方の問題に意識が向き過ぎて、ご自分の心のあり方や痛みに目が向かない(むしろ拒んでいる)印象を受けました。
その方の目には積極的に受け入れ、情報を交換して、取り組んでいく姿勢の親御さん達のあり方が「まるで自分を否定し、批難している」ように映るのだそうです。
お子さんの苦しみ以前に、ご「自分の苦しみ」に向き合うことができないままでいるように感じました。これを癒すことがお子さんとの関係を見直すための大前提ではないのか?と。
そんな苦しみを吐露し合い、受けとめ合える人の「つながり」が必要だと思うのです。
Commented at 2013-07-10 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-10 22:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-13 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-13 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 期待≒要求?―双方を縛りつける鎖 鏡に映るヴァンパイア④ >>

Illustration by ふわふわ。り