金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
否定された自分―自己のアンチテーゼ
疾風怒濤の時期とも比喩されるのが思春期
そんな思春期只中の我が子と向き合い、少しは経験を
積んだ今になって思うことです。

「どっしり構えて見守り、不安を受けとめてあげる」とは
巷でよく耳にするアドヴァイスではありますが(もちろん、
そうできるのが健全なのでしょうけど)、わかってはいても
子どもよりもむしろ、わき起こる自分(の感情)にふり回されて
ホトホト疲れ果ててしまう場合も多いのではないでしょうか?

子どもの反抗、もしくは抵抗と親の目に映るあり方は
親自身が、その存在を否定して(正して)認めなかった、
時に我慢して封じ込めたかつての自分のあり方

子どもはそれを見事に演じてくれているというのか
親の側が目ざとく暴きだしてしてしまうというのか

わかっていてもいちいちナーバスに反応してしまう
自分を見つめてみると、そこにあるのはこちら側の

否定された、認めてもらえなかった、大切にしてもらえない
こうありたいのに、そうありたくないのに、わかってもらえない

そう思う(思い込む)心の痛み
ふたたび遭遇し、蘇るあの頃の怒りや不安。

そうやって築いてきた自分なりのあり方・テーゼ

親から人格を分離させようとする過程にある子どものあり方は
親の目には、親自身のアンチテーゼを映し出しているように
見えるのではないかと思います。

かつて親との関係によって負った心の痛みが、強いほど、多いほど
子どもによってえぐり出される心の痛みも強いこと、多いこと^^;
(思春期を待たずにあらゆる意味で子どもを征服してしまうことも※)

親はそのあり方を、再び否定するのか?それとも認めるのか?
今一度向き合わなければならない運命なのかも知れません。

痛みを直視できずに、子どものあり方を無下に否定し
押し込めるほどに抵抗の圧力は高まります。
かつての自分同様に屈服させるのか(うまくいくとは限りませんが^^;)。
痛みを乗り越えて、積極的に子どもを認め、折り合っていくのか…

親が、これまでの人生で築いた自分自身の鋳型を
子どものあり方がコントラストになって強く見せつけられる
節目の時期、自分もまたあらためてそれを見直すチャンス
だとさえいえるように思います。

…そう思う自分は、きっと思秋期の只中にあるのでしょう^^。

※虐待や痛ましい事件を引き起こすのも、このあたりのカラクリかと
 個人的には考えています。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-07-15 09:16 | 親子の関係 | Comments(0)
<< 殺伐とした心の風景 「嫌な気持ち」を自分で処理する。 >>

Illustration by ふわふわ。り