金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
存在不安について。
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


前のトピックのコメントの中で存在不安という言葉を
使わせていただきました。

誰もがある程度イメージのわく類の言葉かと思っていましたが
抽象的な概念を表すものであり、初めて目にされる方の中には
ピンとこない場合もあるかも知れません。

それを内に抱えながらも言語化できずにいた方にとっては
的当たりな言葉を得た感覚があると思いますが…


哲学の分野で、実存主義のキルケゴール不安の概念
(The Concept of Anxiety)を記したあたりが、文字通り
この言葉のコンセプトの先がけではないかと想像していますが
現在では精神的・心理的なコンセプトを表す言葉として
多用されています。

どこかの記事で見かけた説明には、幼少時代よりdoing
モノサシで計られ、doingの価値のみで評価され続けること
により、自分のbeingに不安を覚えるようになる。
それが存在不安の本源であるとありました。

自分が、そのヒトであることよりも、なすことによって
存在を承認されるものだと思い込んでしまうわけです。
それはまた、自分もなすことによってのみ、自身を承認できる
ということに他なりません。

前のトピックでふれた自己無価値感を生みだすシステムとも
いえるのではないでしょうか?

自分に求める(求められる)成果をあげ続け、自己承認をし続け
られれば、たしかに心の安定は得られるでしょう。
ところが、現実はそううまくいく時・人ばかりではありませんよね^^;

太宰治「生きていて、ごめんなさい」というフレーズも
こういった存在不安の心理が罪悪感というカタチで表れたもの
であるように感じます。
彼の作品に強く共感する人は、内なる存在不安が共鳴している
といえるのかも知れませんね。

アタッチメント理論で有名なボウルビィのいうSecure Base(心の中の
安全基地)も、自分のbeingへの絶対的な安心感・信頼感だと
いえるように思います。

アナタの中に存在不安はありませんか?
心の中に安全基地はありますか?
自分と誰かのありのままを信頼できますか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-10-08 10:21 | ココロのカラクリ | Comments(2)
Commented by ブルン at 2010-10-09 10:14 x
詳しい説明をありがとうございます。解かるような気がしてきました。きっと大多数の人にはイメージできる言葉なのでしょうね。(知識として頭にあるというだけで)精神的成長が遅い人間には、学ぶことがまだまだあります。

ちょっと話が変わりますが、
「生きるていること」だけで「善」と考える人が多数派になれば、もっと暮らしやすい社会になるのに・・・と思ってしまいました。

たった一つの「悪」の行いで、その人間の「善」を含むすべてが「悪」とみなされのに、その逆の現象は起きないことの理由が、わかった気がします。人間は「ただ生きているだけ」では「悪」だという考え方の人が多いからなんですね。
Commented by dryangle at 2010-10-12 08:34
ブルンさん、コメントをありがとう^^。
聖書のあまりにも有名なアダムとイブのエピソードでは、善悪を知る木(The tree of the knowledge of good and evil)の実を食べると死ぬ(永遠の命を失うの意)と神が禁じました。

「善の概念」が生じる時、対極の「悪の概念」が生じるのもまた必然なのではないでしょうか?さまざまな実相から「苦しみを生み出す」という人間の精神の本性を示唆しているようにも思います。

もっともその「原罪」をベースに、(とくに西欧では)おっしゃるように「人間はただ生きているだけでは悪だという考え」が人々の観念の中に深く定着したと言えるのかも知れませんね。

どんな凶悪事件の犯罪者に対しても、慈愛の念を送ることのできる人は(それを認識できた時に)必ず存在します。
善悪のラベル貼りをする以上に、その「想いの本質」を意識できる人々が増えると変化は起こるような気がします。
<< 渡る世間は○ばかり 自分の価値を守る反応 >>

Illustration by ふわふわ。り