金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
ネコ的にはどーよ?!
どんなホリデイシーズンをお過ごしですか?
今年の締めくくりのエピソードを一つ。

愛猫がクリスマスの飾りにジャレついて遊んでいました。
その一つに爪がひっかかったのか、その勢いは全体に波及し
大きな飾りがユッサユッサと揺れ始め…

それまで楽しんでいたネコは、一転してパニックとなり
ピュ~ッと逃げたかと思うと、戻った時にはビクビクと
恐れた目つきでその飾りを見上げていました。

「(愛らしい)バカだなぁ…^^;」と目を細めつつ

きっとその時には、それと戯れていた記憶は消え失せ
なによりも当然「自分が引き起こした」と知る理性は
なにもなく、ただ怯えているんだろうな~、と思ったとたん

ハッ!っと思いました。

d0079187_96420.gif


もしかしたらワタシ達人間も、レベルの違いはあっても能力に
限界があって、知ることのできない道理や因果関係がわからずに
悩み、苦しんでいるのかも知れない!?

あの時のネコを見つめるワタシのような視線で見てみれば
すべてが一目瞭然で、恐れることがないということも
あり得る!?

ワタシを見つめる神の視線は一体どんなものなのだろう?
それを得ることを悟りというのかも知れない。

今愛猫は怯えも恐れもまるで経験したことがないかのように
お腹を出して寝コケテいます。

…平穏そのもの。

とうとうネコまでが師になってしまったか^^;

みなさん、よいお年をお迎えください^^
また来年もお立ち寄りいただけると嬉しいです。

d0079187_962680.gif


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2010-12-27 09:09 | ココロと思想 | Comments(4)
Commented by ブルン at 2010-12-27 23:20 x
ふふふ、ネコちゃんが先生っていいですね。私も、無邪気な子どもに教えられること、動物から教えられること、自然から教えられることって多いな~と思ってます。世間で立派だいわれるような人から教わり、自分も真似しただけで賢くなったつもりになるより、そういう何からでも学べる感性の方がずっとずっと大切なことだとも思ってます。

dryangleさんも良いお年をお迎えくださいね。
Commented by dryangle at 2010-12-29 10:08
コメントをありがとうございます。
ブルンさんにとっても来年がさらに良い年になりますように^^。
また皆さんと共に語り合いましょうね。
Commented by ハル at 2011-01-05 13:27 x
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

以前飼っていた猫が赤ちゃんの頃、TVの中の猫をじっと見つめていて、画面が変わって猫(仲間)の姿が消えた時、自分がTV本体の裏に廻って、仲間が隠れていないか探していました。
そのうち、賢くなって、TVと実物の違いがわかったようです。
私もその時、単純におかしかったのと、猫の行動が真実でもある
(人間も虚の世界に翻弄される事が多々ある)と思いました。

「蜘蛛の糸」のお釈迦さまの極楽の世界は、やはりあるのではないでしょうか。そこに住む人?から下界を見れば、「どうしてそんな簡単な道が見えないの?」と思うけれど、蜘蛛の糸を手繰り寄せる方は必死。”度し難い”のが、自分を含めた人間ですね。

dryangleさんには、今年、大きな変化がありそうですね。
今までの事すべてに、仰るところの”道理”を見出されるような・・。
dryangleさんの様な方が”祈り”の道筋をつけたら、ご自分だけでなく周りにも相当な効果がありそうです。














Commented by dryangle at 2011-01-06 08:20
ハルさん、あけましておめでとうございます。
年頭から素敵なメッセージをありがとうございました。

ハルさんの物事を見つめる「観察眼」とその本質を見抜こうとする
真摯な姿勢にはいつも学ばせていただいています。
その「祈り」についての実践や実感についても、興味津々^^
ぜひまたさらにお聞かせくださいね。

最近不思議といろいろなことが、頭ではなく心に浮かぶといった調子で、
言葉や文字にすることの難しさを感じています。
反対にいきなり言葉やセンテンスがポン!と浮かんだり…
もしかしたら、たんなる老化現象なのかも知れませんが^^;
それもまた新しい変化と前向きにとらえて「自分」を楽しもうと思います。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。
<< 今年もヨロシク。 「考えない」スペースに得る気づき >>

Illustration by ふわふわ。り