金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
今この瞬間を生きる輝き(1)
我が子が思春期を迎える頃に言った一言が忘れられません。

「この頃、生きているって感じがしないんだよね」

びっくりして、さらに話を聞いてみると

「勝手に時間が経っていく、自分がオートマティックになったみたい」

なら、今はどんな時に生きているって感じるの?とたずねると

「(スポーツなどの)活動中、考えずに今に集中してナイスプレーとかする瞬間かなぁ」

幸運なことに、今でもある瞬間に集中が必要な活動に熱中していますが

「最近はどんどんそういう感じが少なくなってきている。失いたくない。」

…のだそうです。

スケジュールを管理することや、周囲からのやるべきとされる要求の数々。
経験や予測を前提としてそれに応えていくという(大人の)あり方が増えていく
過程において、それ<生きている実感>は反比例して減っていく
ようにも思えます。

もしかしたら、この生きている(と表現された)実感こそが、子ども達が
イキイキと輝きを放っている最大の理由か!?と感じました。

それは今に夢中になる喜びが溢れているかのようですよね。

大人もその輝きを思い出すことができれば、生きているという感覚を味わい
再びイキイキと輝くことができるのかも知れません。

(次回に続きます)

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-02-07 08:30 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 今この瞬間を生きる輝き(2) 今年もヨロシク。 >>

Illustration by ふわふわ。り