金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
最新のコメント
外部リンク
他人の価値って?
最近、偶然にも何度か違う機会に同じ話を耳(目)にしました。
それだけ心にひっかかったということなのでしょう^^

気になったので調べてみると、それはユダヤ人哲学者の
マルティン・ブーバーでした。

「我‐汝(Ich-Du)」の対話の哲学です。

ちょうど前々回まで自分の価値について考えてきましたので
他人(相手)の価値について考えてみようと思います。

もちろん、これも自分にとっての他人の価値となりますが…

ブーバーは、人間は世界や物事、人など他との関係を持つ時に
二つの態度をとると考えました。

相手を、自己の目的(自分にナニをしてくれるか?)としてのみ
扱う対象とみなす

我‐それ(Ich-Es)」関係の態度 ※参考過去記事「してくれ症候群」

相手を、(他とも関係する)一つの格・存在として認め心の交流を
図る対象と認める

我‐汝(Ich-Du)」関係の態度

実感される方もいるかとは思いますが、我‐それ関係の態度が多く
ヒトをモノとして扱っているかのような出来事も溢れています。

アナタはつねに相手(せめて身近な人々)を、自分と同じように
さまざまに変化する心を持つ、時には傷つき、怯え、守り、責め、喜び、
悲しむリアルな人間として接することができていますか?

ブーバーは、相手との関係によって我(自己)も規定される
考えました。
自己が、他者との関わりにおいてのみ認識できるものだとすれば

我‐それは、つまりこれ‐それと認識される?

…などということを考えてしまいました^^;

その人にとっての他人の価値は、他ならない自分の価値と同じ
だといえるのかも知れません。

誰かに対する態度、それは自分の自分自身への態度を反映している
と考えてみると気づくことも多いのではないでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2011-06-24 14:15 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 残暑お見舞い申し上げます。 隠れた気持ちの探し方~抵抗あっ... >>

Illustration by ふわふわ。り