金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
「親」という幻想
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


・私は何ごとでも親の期待通りにできないと罪悪感を感じる。
・私は親の言うことを拒否すると罪悪感を感じる。
・私は親が喜んでくれないと悲しい。
・私は自分の望むことをして、それが親を傷つけたら悲しい。
・私は親から批判されたら腹が立つ。
・私が親の世話をすることを彼らが期待していたら腹が立つ。
・親と話をすることなど意味がない。そんなことをしたところで
 ろくなことはないからだ。
・親が変わってさえくれれば、私の気分は晴れる。
・もし彼らがどれほど私を傷つけたかを、わからせることが
 できたら、彼らも態度を変えるに違いない。
―スーザン・フォワード『毒になる親』からランダムに抜粋

もしかしたら、胸の奥が疼くのを感じるかも知れません。

人によっては、子育てを通じて自分自身と親との関係の
未消化な心の痛みに再び直面しなければならないことが
次々と起こってきます。

それはまた、いつかは消化しなければならない課題として
起きてくるものであり、心の痛みとして反応します。

どんなカタチに変化していても、自分の中に親の愛情を乞う
気持ちがある、あり続ける、ということに気づかされる。

それは子ども時代から続く求めても得られないという
観念の傷をえぐることの繰り返し。

それを理解できた時こそ(時間がかかるかも知れませんが)
その思いを潔く断念して、愛情を求める側から与える側へ
真の意味で大人へと成熟する時だといえます。

そして、ここでお伝えしたいことのすべてともいえるのが
(前述の本などを参考にして)自分を奪還する
…いえいえ^^; 健全な大人へと成熟する試練に
チャレンジする上で陥りがちな危険な罠があります。

けっしてそこに踏み入らないためにも
その都度、意識する必要のあること

それは

真に対決すべきなのは、実際の親のあり方ではなく
自分の心の中に棲む親(の人格)であること。


それを取り違えると果てしない不毛な苦しみに陥ります。

自分の中の親という幻想を消す。
彼らもまたたんなる一人の人間に過ぎない
…そして自分も。

すべての役割は幻想です。
それが違和感なく腑に落ちる時は必ずきます。

そうすると、かつての親の、今の誰かの
そして自分の

まだ自分の方が大切に扱われたい、かまって欲しい
気づかって欲しい、認めて欲しい、というように
無自覚に誰かの気持ちを期待しながら、痛みにかられ
攻撃し、ふてくされ、駄々をこね、嫌みな態度をとる
自分の気持ちにしか焦点が合わない
満たされぬ子どものあり方が理解できてくるのです。

※内容が重複しますが、こちら6年前のワタシの書いた
愛に飢える人々、さらに1年後の愛の代用品を乞われる苦しみ もよろしかったらぜひ^^


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-05-18 13:12 | 親子の関係 | Comments(0)
<< 「自分」という幻想 母(父)親失業?卒業?【3】 >>

Illustration by ふわふわ。り