金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
我慢はイケナイ
我慢というのは、もともと仏教用語で
煩悩の一つだそうです。

我は、文字通り自(己)意識であり
慢は、慢心(まんしん)つまりおごり高ぶる
思い上がること。

今では一般的に自分自身を抑制し、また耐える
という(良い?)意味あいで使われていますが

それが自分の気が済むようにすることであり
相手(他者)とその利を分かち合うものではない
場合
さらには他者からの承認を求めるための自虐
である場合

それはやはり我意を張るということであり
我慢の本意そのものの状況であるといえます。

「我慢しなさい」

は案外キケンな言葉なのかも知れません。

それは自己満足の欲求か?真に自他のためになるのか?
意識してコミュニケーションをしたいと思います。

我慢をせずに^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-07-06 08:22 | ココロと思想 | Comments(0)
<< 愛の様相 「自分だったら?」の落とし穴 >>

Illustration by ふわふわ。り