金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
「自分」を見直す
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


人間関係において自分が関わると、意図したわけでもないのに
なぜかムードが悪くなる、諍いが起きる、心の距離に隔たりを感じる
ニガテな(クセのある・ヤッカイな・面倒くさい)人と思われている。
そんなことで悩んでいませんか?

心に傷や不安、恐れ、怒り、痛みなどを抱え込んでいると
それとは直接関係のない状況でも過剰な反応が触発されます。

自分でもそれと気づかぬうちに…

それがまた相手のネガティヴな反応を引き寄せるので
自然と避けられたり、時には深刻な対立へと発展することも。

認知療法で取り上げる認知のゆがみ(思考のクセ)をヒントに
自分を見直してみると見えてくるものがあるかも知れません。

・おもな思考や態度のクセのパターン

1.主観的、感情的な決めつけ
2.分類思考、ラベリング
3.極端な一般化、ステレオタイプ、ひとくくり
(オトコ/オンナって、◯◯人って)思考
4.破局的(どーせ、どーでも)思考
5.イチゼロ(白黒、二元、善悪、正不正)思考
6.べき、ねば(自分の正義)思考
7.自己関連づけ(自分の問題にする、それって私のせい?)
8.相手の考えの先読み、否定的な予測
9.過大/過小評価
10.一点フォーカスへのこだわり
11.つねに他者評価、批判、否定、嫌悪視点
12.異論、反論は敵対だと受けとる
13.自己の検証を避ける、もしくは自分の是非を決めつける
14.建前の自己卑下、過度な謙遜

13.にあるように、もともと自己の検証に激しい抵抗のある
タイプの人が多いのですが、対話の中でこれらの思考反応が起こった時
(できれば心の内にある段階で)自ら検証できるようになっておくと

そして新たに別の(思考)反応を選択することができるようになると

人間関係に変化の兆しが見えてくるかと思います。

一朝一夕には無理かも知れませんが、まずは心に留めておく
だけでもどうでしょうか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-09-07 08:23 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 個人に出来ること〜怒りの理解〜 教育虐待 >>

Illustration by ふわふわ。り