金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
私、本当はどうしたい?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


「するべきこと」や「しなければならないこと」
さらには他人に「してもらいたい/させたいこと」ばかりを
探し出しては、日々追いかけ(られ?)ているけれど
よく考えたら…

あれ?したいことが見つからない

そんなことはありませんか?

もしそうだったら、アナタは多分
親の子の役割を背負い続けています。

ただなんとなくしたいこと、したくないこと
正当な理由や正しさを探してしまうとしたら
それを証明しないといけないと思っていたら

アナタも多分
親の子の役割を背負い続けています。

なにかを期待されたり、頼まれた時に
したいか、したくないかではなく
できるか?できないか?で考え

応じた時には、やらされた感(被害/犠牲の意識)や疲労感
応じられなかった時には、自分への言い訳や罪悪感

どちらにしても不快感に苛まされるとしたら

アナタはきっと
親の子の役割を背負い続けています。

自分のために時間やお金を使うことに気がひける
誰かの後押しや許可が欲しいような気がする

努力したこと、勤勉だったこと、怠けていないこと、
きちんとしてること、無駄遣いしていないことを
誰かにアピールしたい、知ってもらいたい、認めてもらいたい

自分勝手だと誰かに咎められるような気がする

アナタはまぎれもなく
親の子の役割を背負い続けています。

アナタの親が「そうさせたかった」子のあり方
その役割を背負い続けながら必死に生きています。
本当はどんな気持ちでいたいですか?
本当はナニを手に入れたい?
本当はどうしたいですか?

自分の心に直球で投げかけてみてください。

したい、したくないと感じること
理由なんかない。

それをそのまま選択することに
理由なんかいらない。

すべてを自分の意思と責任で引き受ける
自分を生きる大人になろう。

大人になることは、自分を殺すことではなく
本当は自分を生かす(活かす)こと

そうすれば…

爽やかな風が背中を押すようなカンジで
したいことがみえてきますよ^^


※念のために申し添えておきますが、恨みの蓄積、感情の爆発、怒りの発作
 などによる欲求(不満)や衝動的な行為は当然含みません。


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2012-10-04 13:10 | 親子の関係 | Comments(8)
Commented by ひかり at 2012-11-01 18:46 x
はじめまして。光と申します。
そうか〜って思うことが書き綴られていて、しみじみ読みました。
親なんかにとやかく関わられたく無く、、、自分を活かしたいな〜って心から思いました。
親って重たいですね。
私にも、爽やかな風が吹いてくるといいなあ。
Commented by dryangle at 2012-11-16 11:19
光さん はじめまして^^ コメントをありがとうございます。
半月もレスが送れてしまいスミマセン。

親の言いなりになりたくないと反発することも
やはり「親の影響」に違いありませんよね。
自分の中の「親の影響」に気づくと同時に、
それがあってもなくても自分の心の向きに従い
素直に選択できるようになれるといいですよね^^
Commented by ことこ at 2012-12-12 06:32 x
はじめまして、ことこというものです。
私は長女で去年大学に入り親元を離れ、いろんな人と付き合い始めていろいろ考えるようになったのでとても考えさせられました。
自分語りをしてしまいすみません。
今まで親に従っていればたいていのことは上手くいっていたので
本当に何がしたいか深く考えてこなくて、
自分の芯をしっかり持っている友人を見てはっとするんです。

親も自分のことを思ってのことだから寂しいし辛いです。
Commented by dryangle at 2012-12-14 09:08
ことこさん はじめまして^^

物理的な意味にも増して、それまでとは異なる世界観に
触れてきっと戸惑いやショックもあることでしょうね。
とにかく「焦らないで」じっくりと自分を育ててあげて^^

過去に親のそれから「影響力ある他人」のそれに
乗り換えただけのケースをたくさん見てきました。
そうはならないように、と意識して心にとめておくと
いいかと思います。

親の言い分を選択肢の一つとして客観的に受けとれるようになれば
「大人同士の付き合い」ができるようになるはず。

ワタシも学生時代に経験し、自分なりに模索し、もがいたことが
今でも宝(汚点もあるけど^^;)となっています。
ことこさんの大人へのステップを応援していますね!





Commented by ひかり at 2013-01-08 17:47 x
こんばんは、ひかりです。
返信頂きましてありがとうございました。
とても嬉しかったです。

「影響力のある他人」っていう流れ、すごくよく解ります。
そういう人がいないとなんんだか心もとない自分。
恥ずかしい。みっともないって思ったり。
またやってるって思ったり。
自分でこの関係性を作らない様にすると、自分から人間関係をいくつか切る事になります。
実際に切ってみると相手からいろいろ言われたり嫌な思いをしたりだけど、それも時間が経つと相手から何も言ってこなくなったりしました。
そこで、ちょっと寂しいな、、なんて思ったりする自分がまたまた情けないですね。

意識してこういう関係を作らない様に、心に留めておく事、、私もがんばってみます。
Commented by dryangle at 2013-01-10 11:56
ひかりさん 再度のコメントをありがとうございます。

「恥ずかしい」「みっともない」という気持ちや「またやってる」と自分を咎めたりする気持ちも、もともと影響力ある他人(親など)によって心の中に培われたもの。
それを土台にしていたからこそ、それに類した関係性を失うことに寂しさにも似た不安を感じるのかも知れませんね。

そういった構造を見抜き、人間関係を自分で選びとっていることがすでに新たな土台を築き始めているように思います^^

良くも悪くも感情的にこだわってしまいがちな相手には要注意。
信奉者でも反逆者でもない、ニュートラルな関係こそが健全ですよね。
Commented by dryangle at 2014-12-16 10:51
きさらぎさん ようこそ^^
内容のあるコメントの方には非公開のチェックが入っていなかったのですが、「非公開が希望なのでは?」と感じ
念のため公開を控えさせていただきました。

あえて酷なことを言えば(ごめんなさい!)。
きさらぎさんが200%応えても、多分お母さまのお気持ちを満足させることはできないと思います。
なぜなら「満足する」というのは、お母さまご「本人にしかできない」ことだから。
それに気づかない限り、その要求に際限はありません。

きさらぎさんのできることは、ご自身が「幸せなお母さん」になること。
それによってお子さんへの負の枷(かせ)を外すことができるのです。

理不尽なまでの罪悪感は本当に苦しいですよね^^;
客観的に見れば、こんなにも「良い子」であろうとしてきたのに…
きさらぎさんがお母さまに対し、求め、感じた自分の「本当の気持ち」を探すことで解ける(溶ける?)ものもあるはずです。
ワタシも人生の折り返し地点が近づく今になって、ようやく心の身動きがとれるようになってきたところです。

なお、ワタシのハンドルネームの後に@excite.co.jpを加えていただければ、私信をいただくことができます。
苦しいお気持ちをお一人で持て余すようであれば、いつでもご遠慮なくお聞かせくださいね^^
Commented at 2014-12-16 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「気づかい」の違和感 受け容れること。 >>

Illustration by ふわふわ。り