金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
「見栄」を張らせる強迫観念
思わず、反射的に、無意識に、つい
見栄をはってしまうことってありませんか?

知っているフリをしてしまう。
事実と違うことを言ってしまう。
隠してしまう。
飾って(盛って)しまう。
オープンにしたくない。


見栄の理由には二通りあるような気がします。

●優越したい
●軽蔑されたくない、責められたくない

どちらも心に潜む自(尊)意識からの反応ですが
(そして両者はコインー同じ意識ーの裏表)
前者は意識的に快感を得ようとするのに対して
後者の方は不快に疼くために、意図というより
止む終えず、もしくは咄嗟に起こるように思います。


一般にはこれらを劣等感があるといいますよね。
恥や自己嫌悪、なぜか後ろめたさを感じるのも同じ類。

軽蔑されたり、責められることへの恐れ

このために誰かや何かを遠ざけたり、神経をピリピリさせて
気持ちが消耗したり^^;
そんなことがパターン化していませんか?

どうして、つまらない見栄を張ってしまうんだろう?

そう思った時には、自分の心の中の痛みと向き合う
キッカケ、チャンスのように思います。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-02-01 08:43 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 神経過敏は心のアレルギー反応 悔しさはバネになる!? >>

Illustration by ふわふわ。り