金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
自分という名の信念
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


誰もが、その場や相手に対して(また集団の中で)
ほぼ無意識のうちに、周囲や生育過程の体験で学んだ
それにふさわしい自分を選択して演じます。

意識にないということは、もはや反応として。

私事ですが、思春期には相手によって自分を演じ
分ける自分
に違和感を覚え、許せなくも感じました。
シンドかった~^^;
人によっては、それが不得手がゆえに悩みとなる
こともありますよね。

けれど、それはそれでごく自然なこと。
すべては確立された自分による心の反応
自分の維持と防御のためのシステムなのですから。

とはいえ、いつの間にか周囲に誰もいない
一人の時ですら「あるべき自分(役割)」を
演じ続けるようになります。

これがイキイキとした喜びを生むなら、ともかく
感情・思考・行為のすべてが過敏といえるまでに
「あるべき、すべき、したい、せざるを得ない、など」の
プレッシャーとして通常作動しているとなると
もはや強迫といえるのではないでしょうか?

大海原や星空を見つめ、「自分を脱いだ」刹那の
解放感を知った時から、その状態を忘却し
自分を、役割を、演じ続けることが苦しみの
本源ではないか?
と考えるようになりました。

周囲の出来事がシンドイ
他者とのトラブルがシンドイ
身体がシンドイ
恐れや不安、焦りや憤りがシンドイ
マンネリがシンドイ

もはや信念ともなった自分を演じ続ける人は、やはり
無意識に物事や他者にも一定の反応を期待/強要しがち。

連綿と続くこういった関係性が苦しみを生む出来事の
温床となっているようです。
好きな言葉ではないのですが、こういった連続性を
カルマとも呼ぶのかも知れません。

最近漠然と、そういったすべてをキャラごと手放す
ことが可能(必要?)だと感じています。

そのためには、自動的な反応となった自我の演出に
今その都度、気づいていること
つまりそれと距離を置いた別の視点を得ることが
一つの道かと思います。

今頭に浮かんでいるその思考も自動反応かもよ!
自作自演なのかも知れない?
ぜひそんな風に意識の目を向けてみてください。

夢の中で、眠りから覚めようとするあの感覚です^^

しばらく自分(の考え方、感じ方)と距離を置いてみる。

幻想はそれと見抜くだけでいいのですから。

表面の形式や行為ではなく根底の反応が変われば
結果が変わります。

…あ!、前回の続きじゃなくなってしまった^^;
影(シャドウ)も自我の一部ですが、またあらためて。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-01-17 10:07 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 「影」の威力と効用 来る年もまたヨロシク! >>

Illustration by ふわふわ。り