金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
愛の代替え品を乞われる苦しみ
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


やさしさや思いやり、他者からの愛情に飢えた人は
その喜びに似た作用を生むものを求めます
いわば愛の代替え品といったところでしょうか。

それは感謝や承認、そして見返り

自己満足のための積極性というより、欠乏の穴埋め目的ですから
もはや強迫(脅迫?)的にならざるを得ません。

大抵は相手の意向を無視して、行為や金品を押しつけ
明に暗に、さらには自分が犠牲になっていると恩着せがましく
時には不愉快(癇癪)となって罪悪感を抱かせることにより
感謝や承認、そして見返りを要求します。

受けとりながらも、そのような下心を感じさせられるがために
気が重くなったり、素直に感謝できない気持ちになるのは
至極当然。

感謝とは喜びの表明に他ならないのですから。
嬉しい、アリガタイと心から喜んだ時に自然に湧くものこそが
感謝の念なのです。

ところが、素直に感謝できない自分を責める人もまた多く
いるようです。
すでに習性となった罪悪感が発動してしまうのです。

もちろん乞う側もそれは苦しいに違いありませんが
こうなると乞われる側の苦しみも相当なもの。
そして同じカラクリが他者に対しては許せなさという
カタチで発動します。

人の気持ちを受けとらない、感謝(や承認、そして見返りを
与えようと)しないとは大人げない、けしからん!

…それを愛情だと認めさせられ、乞われる側をますます
追い詰めるシステムです。

かつてのワタシも感謝/承認乞食であり
自分の苦しみしか頭にない人間でした。

親の代からの、誰かの感謝や承認、そして見返りによって
自分の存在不安を癒そうとする方法を受け継いでいました。

だからこそ、それが誰の喜びも生み出さないどころか
苦しみの再生産システムであることを痛感しています。

してあげることが、感謝や承認の要求になっていないか?
今でも自問することしきり^^;

「感謝されることが嬉しい」というフレーズをよく耳にしますが
「感謝されなくても嬉しい」というほうがまだマシ。
相手の喜びが心の底から自分の喜びになって

初めて直接喜び(愛)を知る人になれるような気がします。

内容が関連した7年前の過去記事「愛に飢える人々
6年前の過去記事「愛情表現?それとも受動攻撃?」もどうぞ^^


コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2013-07-12 19:02 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 自分と他人。その表裏一体 自分中心から脱してみる? >>

Illustration by ふわふわ。り