金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
「影」の威力と効用
どうしても許せない。
激しい嫌悪感がわく。
憤りを感じて仕方がない。
不安や怯えに似た気持ちがわく。
負の衝動に自分を乗っ取られてしまう。

かつて心の痛みや苦しみ、悲しみを経験した時に
予想される同種の体験から、自分(の心)を守ろうと
「こうあるべき」自分のあり方や反応を選びます。

それはそのまま「こうありたくない、そうしたくない」
嫌う/苦手なあり方が規定されていくことでもあります。

動機となる元の経験による痛みが激しければ激しいほど
そのエネルギーは強さを増し、自分(や他者)のあり方への
必要性は異常なまでに強くなり、ついには反射的・衝動的
それと異なる(つまりは気に入らない)相手のあり方を見出し
恐れや憤りを覚え、攻撃したり、抵抗しようとします


周囲に不愉快な、気に入らない、許せない人や物事が
満ち溢れて苦しくなり、いよいよ自分が追い詰められた
果てに…

ようやく他者のあり方にその「影」を映し出す
映写機が自分の心の中にあったことに気づくこと
できるのかも知れません。

誰かやそのあり方、映写機すら排斥する必要はなく

そのスイッチをパチッと切ったら、あら不思議!
…なんでこんなことにコダわっていたのだろう?
目が覚めたように気がラクになるのです。
相変わらず、日々似たような出来事は起こってくるのに。

自分の内に映写機の存在を認めるまでが最難関

なぜなら、それこそが最大の憤りと攻撃と、恐れや不安
つまり抵抗の壁で守られているのですから。

これらを堅持し続けることによって、次世代(我が子)に
同質の映写機をそのまま増設してしまうことはもとより
次世代(我が子)や大切な相手をスクリーンにしてしまい
攻撃する対象、つまりは身内を敵に回してしまうことさえ
起こってくるのです。

またそれを顕在化させたくない気持ちによって、問題を
外側の社会や国家レベルのスクリーンに巧妙にすり替え
(られ)たりもします。

誰かの汚さ、弱さ、醜さ、ヒドさ、狡猾(ズル)さ、惨めさ
不正、不真面目さ、冷たさ、暗さ、非常識、無関心
など…

今それらにガンジガラメになって苦しんでいるとしたら
自分の内側の映写機の存在を認める勇気を持つ
絶好のチャンスなのだと視点を変えてみてはどうでしょうか?

それによって、あなたの映写機に「愛や喜び」を
映し出させていくことができるのですのですから。

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-01-23 11:08 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 自己肯定感と自己愛を区別する。 自分という名の信念 >>

Illustration by ふわふわ。り