金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
怒りのパニック発作
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


●自分の怒りに苦しむあなたへ…

いただくメールの中には、パートナーや我が子など
大切な人に対して、些細なことから怒りが爆発し
収まらなくなってしまうというご相談があります。

受け手の苦痛や影響を憂慮しなくてはなりませんが
今回は怒りや残酷さに乗っ取られてしまう苦しみ
誰にも相談できずに抱える方に向けるメッセージです。

●どうか心の目を背けずに理解してください

昨今、平常ともいえる状況や刺激によって相応しくないほど
過敏かつ甚大な不安感情(身体の反応も)が引き起こされる
パニック発作というものが知られるようになってきました。

この発作をイメージしてみると、キレるという状態も
理解しやすいのではないかと思います。
怒りそのものの感情が直接引き起こされるのか?
不安感情を抑え込むための反射としてなのか?
個人的にもいろいろと調べ、考えているところですが
まずは過敏な反応なのだと理解してみてください。

●きっと辛かったはず

その過敏な反応が条件づけられるほどきっと
さまざまな経験と反応を積み重ねてきたことでしょう。

辛い、恐ろしい、悲しい、寂しい、悔しい記憶を無理に
ほじくり返す必要はありませんが、そういった気持ちを
自覚するのを回避するためにその反応は起こるのです。

目の前の誰かや状況のあり方はキッカケに過ぎません
過敏な反応を起こす自分の心の側に意識の目を
向けてあげてください。

言い訳をするのも、自分を正当化したいのもすべて
その回避したい気持ちを自覚することへの拒絶
からくるのです。

不安や恐れですか?怒りですか?悲しみですか?
惨めさや悔しさですか?孤独ですか?

まずは怒りの発作が治まった後に、ふり返って自分の
気持ちを観察してみてください。

●「自分」は変われる、「自分が」そう決める

意識の目が養われてくると、感情に乗っ取られるその
瞬間
をだんだんと察知できるようになってきます。

この時に自分と距離を置く、そのシナリオをすり替える
ために、シリアスさをするっとかわしてみましょう。

前回も例をあげましたが、「激オコぷんぷん丸!」とでも
言ってみませんか?もちろんなんでもかまわないのですが
その場の状況と似つかわしくない、そのまま文字通り
その場と自分そして相手の「気が変わる」キーワードを
予め用意しておくといいです。

自分をプッ、と笑わせるくらいのユーモアがあっても^^

また相手の考えを決めつけずに「今、どう感じているのだろう?」と
相手を観察し、自分に問いかけてみるのも一つの方法です。
それこそがきっと、これまであなたがしてもらえなかったこと
間違いないのですから。

過敏な反応、怒りのパニック発作が静まるまで
どうか状況をさらに悪化させないようにやり過ごしてください。

●条件づけられた自分を生き続けたいですか?

誰からも愛されない、誰も愛せない

かつてワタシもそう思っていましたが、それはです。
…というか、その時の現状ではたしかに真実でしたが
それを変えることができるというのが今の真実です。

それができないのだと信じ込まされてしまっただけ。
今は無力に従っている気持ちのシナリオが、本当のところは
自分で書き換えられる、自分で選べるということを
教えられなかったのは、たんにあなたをコントロールする人に
とって好都合だったから。

感情で誰かをコントロールしようとする悪癖を断つ。
たとえ故意ではないにしても。意識していなかったにしても。

まずは自分の心と向き合う勇気を持ってください。
それこそが自分と大切な人に対する、今すぐにできる
最大の愛情表現なのです。

…そして、自分を追い詰める前に、誰かに、どこかに
気持ちを打ち明けてみませんか?

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-02-27 11:02 | ココロの不調 | Comments(0)
<< 愛情の科学 テラアリエナスバルス病 >>

Illustration by ふわふわ。り