金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
謝罪の品格
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


「ごめんなさい」の本質―その謝罪は誰のため?

失敗や不正をしてしまった時、どうあるか?
その姿勢にその人の人となりばかりか、幼い頃その人に
養育者がどう接したのか?が丸見えになります。

この時まず反射的に相手を心配する」人と
自分を心配する」人とザックリ分かれます。

とっさに相手の痛みを心配できる人は、口ばかりの
謝罪よりも相手を癒す言葉や行動を選びます。

これに対して、異常なまでに過敏に自分を守る反応
示す人がいます。

この場合、受け手はまったく救いになら(癒され)ない
ばかりか、むしろ不快感が残るのです
個人的な経験からその反応の理由を推察してみました。

絶対に謝らない、逆ギレする人
罵り、体罰、なにかを取り上げられるなど
上位の力による制裁を受けてきた。
「過ちを認める=罰を被る=酷い目にあう」という
前提がある。反抗や攻撃が最大の防御。

一応の謝罪、大半は自己弁護の人
失敗や不当性・不合理を、論理・理屈などを用いて
責められてきた。チマチマ、ネチネチした嫌味。
正当性や法制度の力で対抗しようとする。

降伏、オオゲサな謝罪の人
不機嫌や動揺といった感情的な反応で責められた。
しばらく口をきいてもらえないなどの拒絶。見捨てられる。
自分を明け渡すことで守ろうとする。

それらの傾向性は混合している場合も多いですが
些細なことを理不尽なまでに許してもらえなかったという
経験を積んでいるのはすべてに共通しているようです。
このため、そのような人にとって謝罪(する/しない)ということの
本質は自分を守る道具でしかない
のかも知れません。

こういった人は、他者の過失に対して「されたように」
やはり反応的に呵責する傾向があります。
加害者と被害者が同じレベルで向き合うと泥沼に…^^;

以前話題になったS氏(その名声をまったくもって知りませんでしたが)
の謝罪会見をネットで部分的に見ました。

謝罪会見?弁明会見?宣戦布告会見?
いやはや…

あなたは傷つけてしまった相手の側に意識を向けて
素直に、そして誠実に「ごめんなさい」がいえますか?

…いいえ。ワタシは言えませんでした(涙笑)

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-04-07 09:50 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 心の武装解除~対立の構造を崩す~ 言葉に潜む心の深層 >>

Illustration by ふわふわ。り