金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
心の武装解除~対立の構造を崩す~
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


このブログの最初の頃「ヤマアラシになっていませんか?
というトピックを書かせていただきました。
最近になって読み返したのですが、自分の鎧の重さに
疲弊する
人はなお増えているのではないでしょうか?

…という自分もいまだに習性としてのそれを痛感します。

反射的に自己防衛をしてしまうことに意識的でいる
ということがつくづく大切だと思います。

「あ、やっちゃった^^;」と気づくことが第一歩なのです。
その姿勢については、いろいろな方法論がありますが

認知療法で有名なディビッド・D・バーンズ氏の著書にある
批判に対処するための武装解除法」をご存知でしょうか?

・相手の言い分がどんなに不当であっても、その中から
一片の共感できる部分を見つけ出し、積極的に同意する
・相手を攻撃せず、自己弁護をしないようにする。
・勇気をもって真実を認め、真実のみを話す

…ざっとこのような内容だったと思いますが

つきまとうのは、意地や悔しさ、恐れや不安の感情。
それがまったく同じ構造によって相手を批判的、攻撃的
させているのです。

自分にできるのは自分の側のテンションを下げること

自分が武装解除(防御・攻撃しない)することによって
相手のそれを緩めることができます。

それにより対立の構造が崩れていくことで
双方が有益に話を展開できるようになります。

人によって(ワタシに)は難行苦行ですが、見抜くべきものこそは
やはり自分の心の壁なのだと実感するのです。

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメントを承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。

非公開コメントも大歓迎です!(下の Commentsをクリック)

[PR]

by dryangle | 2014-04-21 08:29 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 猫好きの小さな気づき 謝罪の品格 >>

Illustration by ふわふわ。り