「ほっ」と。キャンペーン
金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
こわばんは。なんとなく、..
by SBM0007 at 23:22
餅子さん 問題だと..
by dryangle at 23:49
dryangleさま、質..
by 餅子 at 16:59
餅子さんへの補足です。 ..
by dryangle at 16:18
餅子さん 初めまして^_..
by dryangle at 12:59
外部リンク
エモーショナルブラックメール
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


人は純粋に「相手のため」を思い何かを提供するだけではなく
「自分のため」に相手の好意や行為を期待してさまざまな
アプローチをすることがありますよね。

連絡をとったり、贈り物をしたり、アドヴァイスをしたり
サービスしたり、叱咤激励したり…

それ自体はことさらに悪いことではありませんが、なかには
たんなる期待の枠を大きく超えて強要をする人がいます。
相手が自分の気持ちや行為を選択する主導権を無視する人です。

あからさまな暴力による強要ではないにしても、この侵害はジワジワと
かつ強力に相手の心に揺さぶりをかけるのです。

「あなたのためなのよ」
「こんなにもしてあげているのに」
「それは我がままよ」
「薄情なんだね」
「~になっても知らないからね」
「~でなければ、~してあげないからね」
「~してあげたんだから、~くらいしなさいよ」
「~するのが当たり前、常識」

これらの人は恐怖心(Fear)、義務感(Obligation)、罪悪感(Guilt)という
文字通り相手にモヤモヤと心の霧を発生させ、その迷いにつけ込んで
自分の要求を飲ませようとすることが常態となっています。

これが、エモ―ショナルブラックメール=心理的脅迫/感情的恐喝
呼ばれるものです。

他にもマゾヒスティック・コントロールという言葉がありますが
とくに自分の払った犠牲を強調し相手の「申し訳ない」という気持ち
罪悪感や義務感を刺激するタイプだといえます。

心理的に健康な人は苦痛に思うことなく、取り合わずにスル―する
ことができますが、そのような人間関係が当たり前に育ってきた人
心の中のプログラムが反応して心の霧が発生します。

この苦痛に耐えかね、なるべく自分の側が譲歩しようとします
自分の意志を主張しようとすると、FOGの心理的苦痛に耐え(続け)
なければなりません。

このような人間関係に苦しんでいるとしたら
まずはそれと見抜くこと

この重苦しいモヤモヤは誰かの心理的な脅迫による
心の霧の苦しみ

その上で、反応的な自己防衛ではなく自分の意志決定による
対応を選ぶということを勇気を持って始めていきませんか?
(ありがちですが、ここで自分の側も同じように心理的な脅迫を身につけ、使わないこと)

最初の難関を突破して、慣れると霧は発生しても選ぶ道が
見えてくる
ようになります。

そのようにして獲得した自分の軸は、きっとFOGランプの働きを
してくれるようになるはずです^^

いつかその霧への動揺がバカバカしいものにすら感じられるまで。

最後に釘を刺しておきますが、心理的脅迫を仕掛けるということは
はなから相手と心を通わせることを放棄するということです。
これがパートナーや親子間で行われることの影響を想像できますか?

参考までに:ウィキペディア Emotional blackmailOut of the FOGA book review of Emotional Blackmail by Susan Forward
『となりの脅迫者』(書籍の紹介・トレーダーズショップ)

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-05-29 14:05 | 周囲の人との関係 | Comments(2)
Commented by dryangle at 2014-06-10 08:16
このトピに関するこれまでの一連のコメントを
ご本人の希望により削除させていただきました。
Commented at 2014-06-18 00:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 三つ子の魂~縛られるか?活かすか?~ 猫好きの小さな気づき >>

Illustration by ふわふわ。り