金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
人まかせは謙虚ではなく他人軸
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


●誰の価値観を生きるか?

考え方や行動の基準を、自分の価値観や単純な欲求におくことを
自分軸といいます。

これに対して、おもに周囲の状況や世間の価値観/評価、また
他人の意見などに従って決めることを他人軸といいます。
いえ、「決める」というのならばそれもやはり自分軸であり
正確には他者に従って「決まる」のが他人軸といえます。

後者は、日本の文化(とくに女性)では美徳ともされてきましたが
最近は他文化に習い自分軸をしっかり持つ人も増えたことで
個人の内でも、人づきあいにおいても摩擦が起きています。

●本人の意思決定は不要?不作法?

文化的背景もさることながら、他人軸につけ込みコントロールする人
の存在が、過剰に他人軸に生きる人を生みだし続けます。

たとえばそのようなタイプの人を親に持つと、子どもの意志は尊重されず
子どもは親の価値観を投影する、つまりコントロールの対象になります。
自分の意志で自己決定する経験を積むことのできない、当然のことながら
他人軸を生きる人に成長することになります。
過度になると、自分の意志や要求(依頼)を禁じ続けられることによって
それ自体に引け目や罪悪感を持つようにさえなるのです。

本人には自覚もないのですが、この種の人は自分の側に求めることが
ある時には、他者の主導権によって、他者が決断したようにという
体裁を整えることに必死になります。

だって本人の中では自己主張したり、他者に要求(依頼)すること
してはいけないことなのですから。

それが自分と他人の軸のバランスのとれた人にとっては、やたらに
「(他)人まかせ、遠慮がちなのに操作的、本音がわからない」など
付き合い辛いメンドウな人と感じられます。
奮闘しているからこそ、クドクドしつこかったり、重たかったり。

かつての自分もそうだったのだろうと、痛いくらい実感します(爆)

●他人軸は本人もシンドイからこそ

他者や世間の価値観に合わせて生きていくことは、現代はそれが多様化
していることもあり、混乱と苦悩がつきまといます。

それはするべき、しなくてはならないこと(ベキ・ネバ)中心の生き方であり
したいことを押し殺す生き方でもあります。

この歪みを蓄積する人が、(親などから学ぶ形で)同じような自己決定
できない人をコントロールする自己効力感を知ってしまうことで
その成果が喜びとなるようなコントローリングな(他人の意志を
操作しようとする)人
に変貌することになります。

他者への配慮ではなく
自己保全の他者コントロールのために他人軸を使う。


それが他の人を圧迫したり、次世代(子ども)への再構築を行うことに
なるのです。
もしかしたら、これこそが文化なのかも知れませんが^^;

●理想かも知れないけど

とはいえ、個人的は自分軸をふりかざすようなパワーゲームの世界を
欲しているわけではありません。

真に日本文化の美徳といえる(願う?)謙虚さは
互いが自分の意志によって、他者を尊重し協調しようとすること

そのために自分の他人軸偏重と向き合う勇気や、自分軸を吟味する
理性を持ちたいなと思います。

主体的にね^^

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-10-17 10:01 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 連鎖反応の実体験 捨てたらゴメン(^人^) >>

Illustration by ふわふわ。り