金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
意識の中心~他人の目?~
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


前回の内容と共通する話です。

過去の経験ですが、物事や行動を選んだり,決めたりする際に
具体的な誰か(複数のことも)が頭に浮かび、その誰かの期待や
ニーズ、そしてその評価をイメージするという一連のパターンが
あるということに気づいた時

一種の強迫観念だと愕然としました。

そして現実ばかりではなく、自分の想像における
誰かの期待や要求が
等身大の自分や自分の気持ちとフィットしない時

迷いとなったり、その件が繰り返し想起されて
(アタマにこびりついてというのでしょうか^^;)
苦しみとなったりします

…ごく些細なことであってさえも。

「誰かの期待に応えようとすること」自体が不健全というわけ
ではありません。

それが常に意識の中心にあり、そうしないと許されないような
恐れに似た自己存在の不安に縛られていることが問題なのです。
ガッカリさせるんじゃないか、嫌われるんじゃないか、傷つけるんじゃないか、
軽蔑されるんじゃないか。といった気持ちも同質です。

このような人の多くは機能不全家庭で育っています。
親の期待や要求を先回りして察したり、それに応え続けないと
不当に責められたり、拒否されたり、心身を傷つけられたりしました

そういった五感による、いわば訓練の結果

自分の意識の中心、いわば主体を誰かの期待や要求に置き
先回りして敏感に感じ取り、応えようとしてしまう。
抗おうとすると、体感からの不安や恐怖に怯えてしまう。
これが具体的な物事で強化され、回避行動を生むと強迫性障害といえるかも知れません。

だから、自分の本来の欲求や気持ちを、自分自身で抑え込み
感じない、意識しないように
してしまうのです。

このような人は自分の気持ちを、他者に落ち着いて率直に伝える
ことに不慣れです。堰がきれた時にはぶつけてしまいがちです。
そして対象がぶつけやすい弱き子どもである時、世代連鎖
生まれるのです。

話が広がってしまいましたが^^;

以前「自分軸/他人軸」についてふれましたが、意識の中心(軸や主体)
自分に取り戻すことが大切だと、今なお強く感じます。

もし誰かが自分(やそのラベル)を評価、もしくは批評するイメージが
アタマに浮かんだら…その度に

不安だけど。
「アナタの評価(批判?)はもういりません。ありがとう。」
宣言してみてください。
さらには「もうこの不安は不必要」だと、根拠なく認めてみてください。

まずは想像する相手の、それに同化した自分の
期待をジャンジャン裏切ってみましょう!
そしてシンプルに今、自分がどうありたいか?を意識してみてください。
けっして他の誰かのあり方に依存しないように^^

安心も、喜びも、楽しみも…そしてシアワセも。
それを与えて感じることのできるのは、自分自身しかいないのです。

 「子育て」、「団欒」、「地域との関わり」といった一般的に存在すべきとされる機能
またそれぞれの人格が尊重され、家族の「安全基地」としての機能が健全に機能していない家庭。


心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-11-12 14:10 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 合鍵探しのコツ。あるかもよ^^① 張り合い?それとも重荷? >>

Illustration by ふわふわ。り