金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
合鍵探しのコツ。あるかもよ^^②
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


前回(イケナイ圧力の心の扉を開ける鍵の話)の続きです。

ちなみに、コツ以前の話なのですが。
ロックされている(縛られている)ことを自覚する、気がつくだけで
その鍵が自分の手に握られていた
ことをいきなり知る場合があります。

開ける選択さえすれば、目から鱗で解放されてしまうことさえあるのです。

記憶を辿ったり埋もれた感情を掘り起こし、それらの現在への無用性を知る。
物事の受けとり方を修正したり、抵抗に向き合うためのメソッドやアクション。
物事を俯瞰し、距離をおくためのアファメーションやマジックワード、そして瞑想。
エンパワメントとしてのお呪い、お守りまで。それに気づかせ、活用させる
ものであれば効果的だといえるのかも知れません。


それら方法論としての鍵を選ぶコツなるものを、以下にあげてみますね。
②巷にある鍵はまず開けるため、解放されるために使う

当たり前のようですが、現実には別の新たなロックへの依存から得るつかの間の
安心や喜びを、癒しや解放とカン違いしている場合もあるのです。
ワタシはこれによって、さらなる多重ロックの虜となりました。

開け閉めの感覚を理解してから、鍵を用いる。

これは自転車に乗るようなモノ、言葉で説明しづらいのが難点です。
最初に迷いや抵抗を感じるけれど、ガチャッと開いたら「な~んだぁ!」
と気が楽にならなければその鍵を疑うか、別の鍵の併用が必要です。

鍵のカタチを意識して吟味すること。

現実にも鍵のカタチが皆同じわけじゃありませんよね^^;
似ているかもしれないけれど、それぞれに違って不思議はありません。

それは自分の心と向き合い、どんな鋳型や痛みの反応があるのか
しっかり見つめる作業になります。ですから、敢えて見つけようとすると
苦痛(怒り、恐れ、迷い、悲しみ、惨めさ、妬み、罪悪感など)が伴います。
↑ココを回避しようと汎用鍵にとびついた場合こそ要注意!
逆にいえば、苦痛のあるところにロックされている壁や扉があるといえます。

鍵を見つける前に、痛みでヘトヘト^^;になることも。そういう場合には
とりあえず「閉めっぱなしでもいいや」とも思えること。

 「どっちでもいい」も含め、鍵の開け閉めの主導権を自分が握ること。

この辺りは最重要で、鍵を用いるのも誰かに委ねず、強制されず、自分で開閉の
選択をする
ことに慣れていく
。それが主体としての自由です。

究極の汎用鍵は「愛」といえるのかも。ただそのカタチは見えない。

手さぐりだけれども、探しているうちに自分の心の奥が共鳴して
かすかに光が差し込み、風が渡ることがあります。
ワタシ個人はそこにロックによるものとはまったく別の喜びを感じます。
そのための鍵こそが、いわゆる愛と呼ばれるものだとしたら
それはたしかに存在すると思えるようになりました。
それはどちらか一方向ではなく、通電のように交流として成り立つモノです。

最後になりますが…念のために。

これらのコツも閉める(縛る)のではなく、開ける(解放)のための
鍵として使ってくださいね!^^

それによって、制約が増えて身動きがとりづらくなるものではなく
気が楽になり、イキイキと自由度が増すと直感的に思えるモノ。
間違えたら、何度でも違う鍵を探してみましょう。

合鍵探しのコツですら、自分の中に見つけるモノなのです。
この記事の内容も、自分の中でガチャガチャいいながら手繰り寄せました^^

心理学は癒しのツールであり、非難のための根拠ではありません!
対立ではなく共生の役に立ちますように^^

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-11-26 12:56 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 思いやりの真実 合鍵探しのコツ。あるかもよ^^① >>

Illustration by ふわふわ。り