金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
『偽りの感情』を見抜く
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


前回無実の罪悪感について考えさせていただきましたが
「無実なのになぜ?」と思ったとたん、ラケット感情という言葉が
突然連想されました。

これは交流分析(TA)で用いられる概念で、本来の気持ちを抑圧する
二次的な感情
とされています。

別のいわゆる一次(primary)・二次感情(secondary emotion)の考え方は
今では認知行動療法をはじめEFT、NLPなどさまざまな分野で用いられています。 
感情のフタとも呼ばれる二次感情ですが、多くの療法においては怒りとその
コントロール(アンガ―マネージメント)がメインとなっているようです。


交流分析においては、本来の感情は過去の時点で抑圧されており
代わりに習得した代用感情であるラケット(脅迫)感情が起こるとされます。
親などとの不健全なコミュニケーションによってその感情に、ストローク
(承認や報酬、関心)を与えられることで身に着き
パターン化したものです。

シンプルにいえば、その時の本当の気持ちを全否定して
誰かの「それについては、こう感じろ。そうすれば注目してあげる
に、求め従うことで形成されたものだといえます。

―私の(気持ちの)存在を認めて欲しい―

ラケット感情として起こり得る感情はさまざまです。

怒り、劣等感、優越感(喜び!)、罪悪感、憂うつ、イライラ、見捨てられ感、恐怖
絶望感、虚無感、混乱、傷心、がっかり、悲しみ、孤独感、無力感、緊張感
焦燥感、同情心、義務感、使命感、敗北感、後悔、恥、羨やましさ、意固地
不安、心配、嫌悪感、とまどい、反抗心、潔白感、傷心、競争心、恨み、恋しさ
自己陶酔、拒絶感、猜疑心、疲労感…


それらの二次的な感情に、なぜことさらケアが必要かというのは
それ自体が不快な感情であったり、他者とのトラブルにつながるだけ
ではなく、それは習得した反応であるため、感じ切ってもその場で
消化するということがなく
、さらには繰り返すごとにより強い反応
なって表れるからです。しかもゲームとして繰り返したがる^^;

それには他の療法における二次感情に関連した一次感情の扱いと同様
自分のパターンとなっているラケット感情を知り、本来の感情に置き換える
作業が必要となります。

抑圧されていると考えられる本来的な感情については
基本感情である怒り、恐れ、悲しみ、喜びの4つであるとされています。
 
(歪んだ接し方にふれて)喜びですらラケット感情によって封じられている
場合も多分にあると考えています。

理不尽な負の感情に苦しむようであれば、それがラケット感情、もしくは
二次感情とみなして、自分の本当の感情に気づくことが大切だと思います。

前回の無実の罪悪感などの苦しみについては、その奥底に埋もれている
自分が喜ぶことや、相手のコントロールに対する怒り、自分の気持ちへの
関心のなさに対する悲しみ、拒絶される恐れなど、自分の真実の感情
気づいてあげることが大切なのだとあらためて考えました。

アダルトチャイルドの考え方は、その本心やそこからの思考をAC、ラケット感情や
そこからの思考をペアレントとしてイメージしてみると理解しやすいかと思います。
ホ・オポノポノなどは真の気持ちに向けるアファメーションだといえますね^^


交流分析の用語。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2014-12-10 14:02 | ココロのカラクリ | Comments(1)
Commented at 2014-12-15 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 感情的に感情を悪者にしないで。 思いやりの真実 >>

Illustration by ふわふわ。り