金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
『闇(病み?)教育』はあったのか?②
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


人は、それが罪やいけないことだと教えられないから
自分や他人を傷つけ、命を脅かすわけではありません。

子どもとしての調和と人格の統一を傷つけられず
両親に保護され、尊重され、欺かれることなく育った
子どもは、青年期もその後も…(中略)…人生を楽しみ
他人や自分を傷つけたり、殺したりしようなどという
気持ちになることはありません。

『魂の殺人』の著者、アリス・ミラーの言葉です。

青少年期の挫折をキッカケに、意欲を失うばかりか
人間性までを損ね、ついには猟奇的といえるような
犯罪に至ってしまったといえる事件が、繰り返され
気がかりでなりません。

共通して「教育熱心」とされる親によって、いったい
どのような教育を受けてきたのでしょうか?

ふと教育虐待という言葉が頭をかすめます。
あきらかに利己的な暴力という様相でないがために
実際には蔓延している危惧感を覚えます。

「子どものために」のその接し方が、独善的であったり
本人の主体性の芽を摘む結果となっていないでしょうか?

理想的な鍛錬ではあっても、それが己の動機や意志でなく
他者の意図により行うものであれば究極の逆効果。

愛情飢餓と言ってしまうと、大袈裟に聞こえますが
現実には、養育者(後には他者)と自分の素直な想いや気持ち
(単純に喜怒哀楽)を共有することで心を通わせ合うという
(とくに幼少期の)経験に加え、成果ではなく存在自体を
望まれていると実感する
ことにより、情緒と自己肯定感が
育まれます。

ところが、大人の側の理由によって知育や技能習得が優先され
心の交流がなおざりになってはいないでしょうか?

ましてや、そこに感情的な圧力や支配、否定、無視、皮肉
威嚇、体罰、暴力といったネガティヴな力を用いることが
常態になってはいないでしょうか?

ひどい目に合わされた子どもが犯罪者にも精神病者にも
ならないで済むためには、少なくとも誰か一人
子どもではなくその子の周りの人間の方がおかしいのだと
はっきりわかってくれる人に出会う必要があります。

アリス・ミラー

自分を苦しめるこの世界や他者のあり方がけっして普遍では
ないこと、自分が存在すること自体の喜びを知るチャンスを
誰もが探し当てられることを願ってやみません。

以下は「闇(病み?)教育」と青少年の猟奇的な犯罪
教育虐待に関連したこれまでの記事です。
ヒトラーの親子関係と「魂の殺人」
『闇(病み?)教育』はあったのか?
教育虐待


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2015-02-11 11:00 | 親子の関係 | Comments(0)
<< 真逆の真実 手放し、受け容れ続ける。 >>

Illustration by ふわふわ。り