金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
真逆の真実
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


「してもらったことに感謝している」

その昔、親を思いやるつもりでそう口に出してみた時に
自分を裏切ったような激しい嘘臭さと違和感を感じました。

「してもらうこと」が、申し訳なさや罪悪感といった重荷
でしかない
のであれば、感謝という言葉が嬉しさや喜びを
伴わない空々しいものであるのは、今思えば無理もありません。

そんな自分に悩み、苦しみ、考え、自らが親となって、さらに
また自分の反応に苦しみ、ようやく理解したことがあります。

大元は、親の側が「与える(してあげる)ことの喜び」を知らず
そうすることが、真逆である義務感や不安、など怒りや恐れを
触発する苦痛に感じられてしまうことが原因だったのです。

与える(してあげる)行為自体に喜びを感じられないがために
相手に「感謝されること」や成果を求め、自分を満たそうとする。

それが「してやった」という気持ちや、自己満足の押しつけ
恩着せがましさ、見返りや責任の要求として行われることによって
子どもに得る(してもらう)喜びを禁じてしまうのです。

親を喜ばせない罪悪感や、得るに値しない無価値な存在という
自己像を持ったまま、その子どもが成長して、いずれまた
与える(してあげる)喜びを知らない、それをすることに
負担や不安、苦痛を感じてしまう親となっていきます。

なにをしてもらった (してあげた)のか?よりも
どんな気持ちでしてもらった(してあげた)のか?


得ること(してもらう)ことと与える(してあげる)ことは
感謝という同じ喜びの別の側面

またそれが一体の喜びであればこそ
与える∝得る(比例)

そうでなければ
与える∝1/得る(反比例)

求め合うばかりか、奪い合うことへとエスカレートしていく
世相を感じずにはいられません。

エーリッヒ・フロムを読まれた方なら、生産的/非生産的性格
という言葉を思い起こすのではないでしょうか。

愛する、感謝する、喜ぶ、幸せを感じる、満足する、安心する
といったものは、同じ質感を持っているのだとつくづく思います。

そのなさ愛の不在の実情なのかもしれません。

もしもあなたが慢性的な不安や不満を抱えているとしたら…

それはとりもなおさず、本当の意味での「感謝する」喜びを、
得る(してもらう)ことの喜びを、知らないままにいるのかも
知れません。
得た(今ある)物事に対して感謝や喜びも感じられないのでは
ないでしょうか?
そしてきっと与える(してあげる)ことの喜びも知らないまま
なのかも知れません。

残念ながら、それは親や周囲の人が知らなかったから
知れなかっただけ。気づけなかっただけ。

いつからでも、自分で知ること、気づくこと
伝えることができるのです。

勇気を持って、義務感や不安、負担や苦痛とは別の場所にある
得ることの真の喜び、そして与える喜びを探り当ててみませんか?

すべてお得としか感じられない世界 へ(爆)

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2015-02-24 18:26 | ココロの不調 | Comments(0)
<< 真逆の世界 『闇(病み?)教育』はあったのか?② >>

Illustration by ふわふわ。り