金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
幸福にまさかの不快反応!?
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


個人的な体験から考えたことを見切り発車で書きます^^;

過去に軽度の強迫神経症や不安障害を自覚していましたが
この点に気づいて、ずいぶん気が楽になったように思います。

大人になると誰しも、それまでの体験や感情の記憶によって
それと意識しないでいても(つまりは無意識に)、新しいこと
難しいこと、異なること、変化すること
などに抵抗を感じます。
つまり自分の当たり前や慣れていないことを不快に思うわけです。

この抵抗が、まだ弱いうちは「面倒くさい」、強くなると不安から
心配、衝動的な怖れにまで感じられてきます。

それが習慣化して物事に過敏になってくると、年がら年中
面倒や心配の種が尽きず、心が疲れ果ててしまいます

これって心の生活習慣病ともいえる状態。

ここまではアリキタリの話なのですが、個人的に気づいてからは
楽になったキッカケというのは「なにを怖れているのか?」を
反転させたこと
によるものでした。

たとえば、パッと浮かぶ例ですと

「大切な人を失うのが怖い」

(これがその時に認識している考えであり、不安という感情の
反応を引き起こします。)

それを反転させると「大切な人を得るのが怖い」または
「大切な人が居続けるのが怖い」など(他にもあるかな?)
となります。

この時ストン!ときたのです。
怖れていたのは、じつはそっちの方だった!のだと。

なぜなら、自分の生育環境で恒常的であったことが
(心の通う)大切な人がいないこと。大切な人を失うということ。
悲しくも、それに慣れ、順応してきたのですね。

失う怖れや不安という反応は、目の前の人や物事に対する
ものではなく、自分の慣れや順応を変化させることへの抵抗

なのかも知れない?

ちょっとカッコつけて言えば、恒常性による変化への抵抗
なのでは?と思ったとたんに腑に落ちたのです。
ホメオスタシス(変化に対し抵抗し現状を維持しようとする力)

ワタシは安心やのほほん、喜びや楽しみを怖れていたのだと。

なぜって?それは慣れてないから(爆)

目からウロコでした。
しかも、その時こそまさに安全で、安心して、のほほんと、喜んだり
楽しんだりしていてもいい状態
なのだと気づきました。

もちろん習性ですから、すぐさま変わるわけではありませんが
「安穏喜楽」を(陳腐な自作^^;)マジックワードにして気づくように
心がけていったことで、発作的な怖れや不安からは解放されてきました。
また本当に必要な時にはより冷静に対処できるようにもなりました。

これは怒りの感情発作にも効果があるかも知れないと考えます。

相手や自分を信じられない、受け容れられない、理解できない
という恒常性からの激しい抵抗なのだと腑に落としてみては
どうでしょうか?

不仲や不健康、貧乏にどっぷり慣れてしまってはいませんか?

不快を目印にして、安穏や信頼、喜びや楽しみ、いわゆる幸福に
自分を慣らしていくという発想はいかがでしょうか?^^

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2015-06-25 14:34 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 他者依存~精神の寄生~ 強迫的願望~不安や不満がデフォルト~ >>

Illustration by ふわふわ。り