金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
ぶりかえす感情の発作
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


虐待や犯罪、事故などの当事者が事後によく言うのが

カッとなって、憑りつかれたように、我を忘れて、腹が立って思わず
これだけは許せず、たまらずについ…

怒りばかりでなく、過剰な恐怖。思考やイメージまでもが誘発する
不安や憤り、焦り、心配。

一時(いっとき)自分が乗っ取られてしまったかのような
感覚を経験されたことのある方も多いのではないでしょうか?

些細な出来事どころか、なにげなく頭の中に浮かんだことすらが
トリガー(発端)となってわき起こる感情、それにエネルギーを
供給するかのような思考やイメージ、そして体調。
負のパターンの繰り返し。ニワトリが先か、卵が先か。

これまでこのブログでは、それによって起こりさらに次の根となる
トラブルや心の不調を防ぐために、そのカラクリに気づこう
その真実に少しでも近づこうとヒントを探してきました。

認知心理学ではスキーマと呼ばれる、自身の経験から構築された
自分オリジナルの生きるためのルールに、なにかが障って起こる
いわば警鐘といえる反応です。
弱い自己像、自分の弱さを守るための。

これまで一番厳しかった、嫌だった、苦しかった
相手や状況を、
今この現実に目の前の相手や状況に
重ねてしまう
心の働き。

だからこそ個々の温度差は大きく、他人から見ると「なぜそこまで?」
というほど、なにかに憤り、怒り、怯え、固執し、苦しみます。

深層心理のトラウマやインナーペアレンツ&チャイルドといった概念
脳機能、またホリスティックの生理的な習性

負のカラクリの材料となるような心理的な経験を考えてまいりましたが
最近はそれ以前に共通する土壌があるように思えてなりません。

以前どこかで「被虐待者の話し方には、相手の主観を無視するという
特徴がある」という話題を目にしたのですが、私も幼い時に親に対して
漠然と似たような思いを抱いていました。

この人は自分の気持ちにしか関心がない。
他人にも気持ちがあるとわからないんだろうな。


その土壌とは、誰かと安心して気持ちを交わしたこと、共有したことがない。
ひらたく言えば、人と心が通うという経験がないということです。

心を開くと痛い目に遭う、そんな洗脳体験ともいえる中で得た習性が
心を閉じることである(体裁を作り守る)人。
それによってなんとかうまく自分を保っている人もいます。
私もそうでした。

閉めっぱなしにすることによって澱んで充満したガスは行き場を失い
噴き出す。
まだ噴き出していません?^^; …病んでいませんか?

内容が繰り返しばかりで恐縮ですが、そのカラクリを強化しないために

その想いへの執着・カラクリを理解すること
(具体的には、負の感情の記憶の洗い出しや内観など)。
それが自分の感情の発作なのだと知り、その気配に気づくこと。

個人的には、中和剤というか普段小さなものから自分ルールを破ってみたり
こまめに自分なりの幸福感をイメージする(ドラマや音楽も使えます^^)、
具体的には「イケナイ、こうすべき、申し訳ない、心配で」と、普段自分に強制したり
逆に遠慮してしまうことを敢えて許してみる。さらには自分の「弱さ、ダサさ、性悪さ」を
思いきってさらけ出してみる。イイコ、イイヒトにならない方を選ぶ。


最も勇気のいることですが、互いに本音(自分の弱さ)を見せることのできる
相手を探し得ることが、心地よい風を運び入れてくれるのだと思います。

防御壁のない軽やかな自分を生きているうちに味わいたい。

多様な視点ともに、そして時には固着した視点からのシフトチェンジを
これからも試みていきたいと思います。


癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-01-19 12:50 | ココロの不調 | Comments(0)
<< 親なるものへの依存症状 自分へのウソを見抜く >>

Illustration by ふわふわ。り