金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
「一方的なルール・約束」教育の功罪
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ること
が基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


親というものは、自分の遺伝子ばかりでなくその信念や
価値観までも、意識/無意識的に我が子どもの内側に再生産
しようとするものだといえます。

子どもの側が自身にその是否を問い合意するまでの成長を
待つことなく
(もしくはその能力を押さえつけたまま)
その価値観からの一方的なルールや約束を設定し押しつけ
賞罰によって従うことを訓練づけます。

かなり前に日本の意味のない校則について、その存在理由を
たずねた時「規則に意味がなくてもいい、それに従わせる
ことに意味がある
」との返答を聞きガクゼンとしました。

決められたことを忠実に守り従わせる教育

社会の安全秩序や正義を守らせることを目的とするにおいて
正当化されがちですが、いつのまにか上位者の権限として保障
され
、個人や内輪集団における価値観の他者への強制という
支配やコントロールの手段にすり替わっていないでしょうか?
(感情爆発の理不尽な所作さえ、躾として正当化

そこに、自らの選択や合意、納得した上でそうあるという
積極性や自発性が存在しない限り

そのルールや約束の効力は脆弱なものであるといえますし
アメやムチで強化をすることが良しとされるならば、当然
上位者の独善的な支配やコントロールの手段に転用される
という危険性をしっかり認識しておかなければなりません。

表面的にはいい子や素晴らしい人、成功者でありながら
内在化した親や世間に精神を縛られた奴隷であることに
苦しみ、生きづらさを抱える人が多いのです。
まして表面の成果にも行き詰まってしまった場合には…

ルールや約束を理解できない幼い子には、脅しや罰で
それを守らせるのではなく、その個性の成長に合わせて
手や目、そして心を離さずに、その心身こそを守りたい
ものですね。

これに関連した記事をどうぞ→自己疎外の恐ろしさ

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。

コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。送信してもすぐに反映されません。
よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!
非公開の左欄にチェックをお忘れなく!その場合は返信をつけられませんので
ご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-02-25 12:16 | 親子の関係 | Comments(0)
<< 絶望の果ての岐路 親なるものへの依存症状 >>

Illustration by ふわふわ。り