金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
したいことにチャレンジ!の落とし穴
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●

前回、「してはいけないこと」について書きましたが
今回は「したいこと」についての話にふれてみたいと思います。

…というのも

心の話でよく出回っている、今の自分を変える(自己変革)のために
「思いきってしたいことをやる」系の話。
大筋はともかく、発展形に違和感を感じるものも多々見受けられます。

まず基本の考えとして、人は自分に許せないものは他人にも許せない
怒りや不満、不安といった許せなさを感じた時に、そこにある自分を
縛る観念
、つまり無意識に自分に禁じたり、強いたりしている物事が
あると気づくことの大切さがあります。

ここで飛躍というのか、そのあとのチャレンジとしてよくあるのが

①相手のあり方をを許す。
②相手と同じあり方を自分もする(自分にも許す)。

この②が、自分の「したくてもできないこと」と混同されチャレンジ
のファクターとなってしまうことの危険性です。

というのは、相手のそれ自体も「したくてしていること」ではなく
劣等感を根に持つ優越感や正義、体裁といった自分を守ろうとする
防御反応である場合が多いのです。

つまり「苦し紛れ(の埋め合わせ)」。

誰かの同じ種類のそれと出会うと、対抗するために上に書いたような
許せなさのような抵抗感(怒りや不満、不安)が触発される
のです。

その際に、内省してチャレンジとして相手のあり方と同様にあろう
とすると、そのことが許せるようになり気にならなくなる可能性も
あり得ますが、縛りが解けないまま不必要に自分を苦しめることに
なる危険性も高いのです。

たとえば、パートナーに浮気されたり、誰かに不当に扱われた。
傷ついた。悲しかった。凹んだ。アタマにきた。苦しんだ。

そこに自分を苦しめる感じ方や考え方があるのは確かなのですが

それを癒すために、許せるために、楽になるために
気にならなくなるために、幸せになるために

自分も浮気にチャレンジ! 誰かを不当に扱ってみよう!
(そもそも「大切な人を殺されたら、自分にも殺すことを許していい」という
ような屁理屈とも混同されやすい)

…ではないということです。

そこに触発される自分の劣等感や自己卑下、自己嫌悪や無力感を
見抜き、そこから自分を解き放つ
ことこそが変容と癒しなのです。
それによって素直な本心からの自己実現を叶えるために。

それは自分の喜びのために本当にしたかったことですか?

バンジーのごとく何かチャレンジをするのなら、その大前提を自分に
問いかけてみてください。
劣等感が根にある優越感や正義、体裁という防御壁を作ることが
目的であったり、それを強化するものではけっしてないこと
つまり埋め合わせではないことを見きわめて

「本当にしたいこと」にチャレンジしてくださいね。

許せなくて頭にくるけど、なんだか羨ましい。
誰かに対して自分勝手(自由)だなと思うこと。
自分も「そうしてみたいのにできない」こと。
その辺りが着目点です(^_-)

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2016-09-15 13:59 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 他縄自縛を解く(振動を止める) 「ルールだから」?!に愕然! >>

Illustration by ふわふわ。り