金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
精神的依存からの卒業(共生関係を見直すプロセス)
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


こちらで何度も話題にしてきた共依存という心に原因のある問題と
その言葉はかなり定着してきたように思います
以前の話題では心理的癒着という概念でお話しました)。

別な視点・言葉を使って共生関係とも言われますが、この見方で
考えてみると良くも悪くもこの関係性はそこここに見て取れます。

かねてから無意識のつながりの根拠とされている一つに、関係の
ある二人、もしくはグループが同一個人のようにふるまうという
事象があります。

一人が他者(相手)の主体が権限を持つはずの感情や思考、行為
などを自分ごとのように介入・決定・操作してしてしまう

これは親子関係の初期(子どもの自我が未分化の時期)において
当前のことなのですが、いつまでも子どもの自我・主体を切り離す
(尊重する)ことのないまま、人格が未分化のまま*に、主従関係
が常態になってしまうことで起こります。

直接的なやり取りだけでなく、顔色や空気を読むといった、非言語
コミュニケーションによっても意識の奥に構築されていきます。

不幸な場合*に、そのコントロールと不本意が葛藤することで起こる
神経症的な不安反応罪悪感や恐れ、癇癪や怒り、ショックや落ち込みなど。
親の威圧や発作的な暴力、苦労や奉仕アピールといった支配バリエーションによる
)に
揺さぶられ、ふり回され、結果として屈服してはその反応を強化し
(強迫的になっていき)ます。いずれ精神を病む可能性も高いです。
分離不安症状とも、精神分析でいう固着点への退行症状とも重なるように感じています。

「された」側は自分の感情や思考、行為を代行されてしまうことで
主体である自分(やその気持ち)がわからなくなる
この存在不安の穴埋めの(自己愛の不満を満たす)ため、強迫的に
自分や他人をコントロールする(面倒をみること、みられることに
依存する)相手を作り出すという連鎖が起こります。

つまり相補的に成り立つという意味での共生関係

たとえ親や当事者がいなくなっても、依存プログラム*がそのまま
削除されず(内面化して)残るために、同様の他者とも似たような
関係を繰り返しやすいのです。

ここで本来の自分を育てなおすという発想が生まれます。

(幼児のままでいる役割、もしくは内面化した親の役割に)
乗っ取られたままの自分を、自分で育て、自分として開放する。

心理的離乳や精神的自立というのは、親子関係(つまりは面倒をみる
・みられる役割)を卒業する
ということなのです。

卒業したうえで、思いやりによって必要な時に支え合えるのが成熟

自分の依存性、幼児性(愛情飢餓感、承認欲求や不安や孤独感が強い)
に気がついた(外側から見ることができた)時にこそ、自分解放の
プロセスのスタート。

個人的には、もっと早く苦しい依存プログラムから脱出したかったと
思うのです。
…いや、今でも時々
条件がそろうとつい「乗っ取られる」自分がいますがemoticon-0106-crying.gif

*
母子カプセルとも呼ばれる。双方にとって居心地の良い場合も。
*これが日本文化として良い意味で「うまく」機能していたという考えもあります。
*ある分野ではンナーペアレンツ、インナーマザーの概念。

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-01-16 15:36 | ココロのカラクリ | Comments(1)
Commented by SBM0007 at 2017-02-16 23:22
こわばんは。なんとなく、自分のことのような気がしました。
<< ~し”づらさ”は、生き”辛さ” 親からの宅配便(愛という名の脅迫状) >>

Illustration by ふわふわ。り