金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
~し”づらさ”は、生き”辛さ”
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●

今回は日常の些細なことに目を向けてみましょう。
それは、何気ないふとした「~しづらさ」です。

言い換えると、気がねや遠慮、気後れ、ためらい
そして、とまどい、根拠のない後ろめたさ…
人によってさまざまに異なるでしょうが

例えば、かつての私なら

自分の意見を言いづらい
人前で泣きづらい
フェミニンなものを選びづらい
ある価格以上のものを買いづらい
大皿の料理に手を伸ばしづらい
誰か(家族)がいるとリラックスしづらい
誰かがいるとバスルームを使いづらい
他者に依頼や要求をしづらい
欲しいものを手に入れづらい
重要な人に話しかけづらい
承認がないと物事を先に進めづらい
自分だけで好きなことをしづらい
それらの不自由さを自分で認めづらい

ほんの小さなことから大問題まで、たくさんあるある!
皆さんはいかがでしょうか?
これらを誰か(や自分)のための「やさしさや気づかい」
なのだと、綺麗ごとにすり替えることも
常識や理屈で正当化することもできますが
自分の気持ちは、決してそうではないことを
苦しいような窮屈さを知っている。

それは自分の心の中にある、恐れる誰かの目に見咎められ
射すくめられた時の反応です。

叩かれ慣れた子が、傍らの人が髪をかき上げようと手を
持ち上げるだけでビクッとするという類の条件反射

次の展開で、身体や心の痛みを受けるのではないかという
予期不安ともいえます。

叩かれる、怒鳴られる、咎められる、嘲られる、笑われる
叱られる、嫌みを言われる、不愉快になられる、卑下される

通常、ここまではハッキリと意識にのぼりませんし
実際には大方あり得ない、ナンセンスな場合も多いです。

大元のエピソードの記憶自体は、忘れ去れられ(埋め込まれ)
てしまっているので、のちに状況に合理的な感情として自ら
整理をすることができないまま
にいるのです。
これが「しつけ(内在化)」の手段として使われてきました。

察しの良い方はすでに気づいていらっしゃると思いますが

この~し”づらさ”の多さ・強さ
そのまま生き辛さの度合い」
なのです。

もしそれが自分にとって不都合な反応であるのだとしたら

その都度気づいて、(結果としてどうふるまうかは別にして
意識して自分で選択することができれば、緩めることができます。

ひとづつ丁寧に結び目をほどくように
気づいて、緩めて、ほどいて
ほんの少しづづでも、気楽に
生きやすくなっていってみてはどうでしょうか?

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-02-24 14:39 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 世話焼き依存と真綿の支配 精神的依存からの卒業(共生関係... >>

Illustration by ふわふわ。り