金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
「不安依存症(不安中毒)」という発想
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


前々から一度整理して書き残しておきたいと思っていたことに
チャレンジしてみようかと思います。
どうかあくまでごく私的・個人的な体験としてお読みください^^
(感覚が符合する方には苦しみの根を外在化できる素材となるかも知れません)

過去に苦しんでいたことに、今となっては全般性不安障害(GAD)
や強迫神経症の一部、パニック障害などと診断されそうな症状が
ありました。

ちょっとしたミスやそれを想像するだけで、不相応の恐怖感
(よく例えていたのが、”高層ビルの屋上の手すりのない縁に
立っていて急に背中を押された瞬間に起こりそうな感覚”です)
がわき起こる。決して”ドキッとする”程度のものではない。

「(玄関や車の)鍵を閉め忘れたんじゃ?」はもちろんのこと
「締め切りを忘れたんじゃ?」「書類にミスがあるんじゃ?」
「大切なことを言い忘れたんじゃ?」「支払いの間違い?」
「この人不機嫌?ワタシのせい?」「誰かに見咎められる?」
…いちいちフリーズ。

森田療法でいう ”はからい(回避のための消極的行動)”に
とりつかれていたこともありました。

「こんな時間にまだ帰宅しない?」「連絡が来ない」などの
家族に関する状況に至っては、聞こえるほどまでに鼓動が
高鳴り、冷や汗タラタラ、過呼吸に、チック症状etc…
まさに発作といえるような状態に陥ります。
(それ自体で「自分が死ぬのではないか?」とは、恐れたことがないのが
不思議なのですが。そういうケースもあるのでしょうか?)


後者については、親への分離不安の名残なのではないか?と
認識できた頃から、少しはラクになってはきていたのですが
トラウマ反応にしては、トリガーが曖昧かつ広範囲で掴めず
予防や危機回避のためにしては、度を越している不安症状。
客観的に一応は恵まれている環境にあって、いちいちオドオド
ビクビク不安に暮らす毎日にウンザリしていました。

そんな私にとって、大きな転換となったのは「これ(不安や強迫)
も依存症だと考えてみたらどうか?
」と思いついた時でした。

とたんに、幼い頃の記憶がズルズルと芋づる式に引き出されて
その時の感情と共に恐ろしいほどストンと理解できたのです。

喜びや楽しみを禁じられてきた。

説明すると長くなりますが、期待するとひどくガッカリさせられ
喜ぶと親が不機嫌になって、嫌みや皮肉をネチネチ浴びせられて
喜んではイケナイ”というメッセージが強烈に焼きついています。

親との関係において、自分の心が味わうことのできたせめてもの
快感
さんざん不安にさせられてからの日常に戻る安堵感

ああ、もう殴られない。DVを受けたた方ならピンとくるであろう
”ようやく嵐が去った” …あのホッとする感じです。

もしかして?

そのクセとなった安堵感を求めて
自ら習慣的に不安感情に耽っている?


仮説としてだけでも、十分に腑に落ちたような気がしました。
(とくに就学前一人で留守番=置き去り?にされる時に、”喜んで自由にふるまっては
イケナイ、心配して大人しく待っていろ”という暗示にも似た思い込みがありました。
少し大きくなったら、遊ばせておくのはモッタイナイと山ほどの家事。)


その後、そのような自分の状態に陥った時に変化がありました。
これも一種の依存症状なのだと、突き放して(距離を置いて)
みることができるようになったのです。

妄想への不安に耽溺しているだけ…ただそれだけのこと。

不安の苦しみや痛みが増す前にそう気づくことで、だんだんと
ラクになり、「あれ?ダイジョウブだ!」ということも増え…

今でもウッカリすると巻き込まれそうになりますが、まったく
不可能のように感じていた、”不安断ち”が叶うことの実感を
得ることができたように思います。

ちなみにコールドターキー*は、喜びや楽しみに目が向くこと
への恐れ
のように思います。
次に待ち受ける課題はそれを乗り切ることでしょうか(泣)

「オラ、こんな親はイヤだ(った)~」

*禁断症状、離脱症状のスラング

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-03-26 19:37 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< ”忖度”にまつわるエトセトラ 「自分殺し」をやめる。 >>

Illustration by ふわふわ。り