金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
二重拘束の女王
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立ちそうな話題を集めています。
悩みや苦しみの対象を操作しようとするのではなく、自分の感じ方・考え方・反応の仕方を見つめ
問題(とすること)から解放されることで、心の安定を得ることが基本のスタンスです。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について
●過去記事のタイトル別一覧●


ちょっと意味アリゲなタイトルにしてみました。

生きていくこと、その基盤となるファクターがいくつもあります。
衣・食・住、それを支えるための健康、学び、仕事、お金、時間。
それらに関して些細なパターンにもネガティブで感情的な反応
自覚することがあります。

不安、恐れ、義務感、罪悪感、嫌悪感、怒り、許せなさといえる
抵抗です。「気にかかる」という意味では、執着という言葉にも
言い換えられるように思います。

それらのしつこい負のマインドセット(観念、価値観、思い込み)
の大元はどのようにして作られたのか?

意識的・概念的なレベルではなく、さらに深い部分に、いわゆる
深層というエリアにどう植え込まれたのか?

やはり思い出すのは親や養育者との生活全般に起こるエピソード。

気になってしまうのは、ベイトソン*ダブルバインド理論。

メッセージとメタメッセージが矛盾するコミュニケーション状況
(に置かれると、統合失調症に似た症状を示すようになるという
理論)が思い当たるようで強い関心があります。

ある場面において、言葉と表情、言葉と行為、表情と行為といった
異なる階層によって表現される矛盾したメッセージ。

私的解釈ですが、建て前と本音の矛盾を同時に表すような態度

その瞬間は、当然ですが認識の混乱による思考停止が起こります。
繰り返されることによって、メタの部分の否定的なメッセージと
そこから逃げ出してはいけないという観念を得ることになります。

例えば。幼い頃に他の大人がお菓子(おこづかい)をくれようと
した時、母親はその場では「良かったね」とニコニコしながらも
私には「受け取るなよ(言葉には出さない)」と鋭く睨みつける。
そして受け取ろうものなら、あとからネチネチと叱られます。

その姉である未婚の伯母はなにかをくれる時、ニコニコしながら
私の肘をギュッとつねり「いいか?言うことを聞けよ」と言う。
(こちらが成長してくると、お祝いなどをくれる際には具体的に
「年取ったら面倒を見てよ」と。成人後もつねられました^^;)

誰かを慇懃に褒めながら「すごいね~!(お前はどうだ?)」と
目配せをしてくる。

一事が万事、それが常態。

今思い当たるのは、ある種の洗脳技法のようであるということ。
つまりはしつけ

ストレートな折檻はもとより、これらによって埋め込まれたもの
の影響も無視できないと思います。

喜びや楽しみ、女性らしさや美しさ、立派な仕事、お金を得ること
使うことなどに不合理な抵抗感(前述の不安や罪悪感、嫌悪感)が
わくことで、無意識にそれらを遠ざけてしまっていました。

この家系に不幸な出来事が絶えなかったのは、決して偶然ではない
と今では確信しています。

もっとも、もとは謙遜や婉曲の文化として根づいた

・本音と建て前
・あなたのためだから
・誰々(みんな)がそう言っている
・ほかの人が迷惑する
・ウチの子なんて
・「ぶぶ漬けでもどうどす?」

といった類のコミュニケーションパターンが、他者コントロールや
しつけの手段として転用・誤用・悪用されている気がしてなりません。

ごく個人的な実感として、このようなコミュニケーションパターンを
使いがちなのは女性、つまり母親の方が多いように思います。

ハラスメントより見えづらい他者支配・コントロールの手段です。

*グレゴリー・ベイトソン(1904-1980)
 アメリカの文化人類学、精神医学などの研究者

癒しのツールになりますように^^批判の根拠にしないでくださいね。
対立ではなく相互理解のために。
コメント(下の Commentsをクリック)を承認制にいたしました。
送信してもすぐに反映されません。よろしくご理解ください。
非公開コメントも大歓迎です!非公開の左欄にチェックをお忘れなく!
その場合は返信をつけられませんのでご希望の方は別にご連絡先を^^ 

[PR]

by dryangle | 2017-07-25 15:16 | 親子の関係 | Comments(0)
<< Absolute Innoce... 自責プログラムの反転攻勢 >>

Illustration by ふわふわ。り