金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
アナタの周りにもいませんか?
たとえば、誰かの成功や調子のイイ様子が話題に上った時に

「へ~ スゴイ!素晴らしいね~!」

素直に褒め言葉を言うヒトがいます。

「私には○×だから、あり得ないわ」

ちょっと言い訳めいたこと、さらには嫌味や批判を言うヒトがいます。

後ろのケースでは、その話の内容によってその人の
「自尊心」が傷つけられています。

ある種の話に対して、自分が攻撃されたという脅威を感じ
自動的に反応する「自己防衛」のカタチです。

多くの人には些細な内容が、「心が傷だらけ」の人にとっては
その傷の痛みにふれる「攻撃」だと感じてしまうようです。

そして自分の心を守るために、無意識に筋違いともいえる
攻撃を、周囲に仕掛けてしまうのです。

「自分なんて」という劣等感を表明する言葉に変わって
聞き苦しい言い訳、さらには他人の批判・悪口・罵詈雑言。

そういう人こそ他者との関係をより必要としたりします。

こういった自動的な反応をしてしまう時、その人は
「相手が自分を承認してくれるかどうか」に依存しているのです。

そのような人の心が、最小限の安定を得るためには
(その人にとっての)みんなが自分を認めてくれていることが
必要なのです。

自分で自分を肯定できないゆえに、誰かからの「肯定してもらえる」
言葉を渇望しているのでしょうね。

それを求めるパターンが、相手を「攻撃」することなのですから
大抵は叶うことなく、ますます不満を溜めていく結果になりそうです。

考えてみたら、「愚痴」も同じようなメカニズムかも知れません。

包容力のある人に共感してもらえれば、気持ちは癒されるのでしょうが
相手かまわずブチまけると…

お互いに「自己防衛」のために攻撃し合うことから、ケンカが始まります。
[PR]

by dryangle | 2006-08-08 19:30 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< 「ココロの幅寄せ」と「干渉」~... 他人に関心のない人 >>

Illustration by ふわふわ。り