金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
命名"してくれ症候群"…愛に飢える主症状
(誰それが)あれをしてくれない、これをしてくれないと、枚挙にいとまのない人がいます。
悩みの相談や愚痴聴きに応じると、ほとんどがこのパターンだったりして^^;

そして、ワタシ自身も、イライラしたり、落ち込んだり、孤独に感じたりする時に
この(誰それが)あれをしてくれない、これをしてくれないという気持ちを
自分の心の中に見つけます。

こんな気持ちの状態を、以前から個人的にしてくれ症候群と名づけていたのですが
最近、これに似た言葉を見つけました。

かつて流行ったというくれない族
自分と他者との関係で「してもらう」ことに価値基準を置く人を指すそうです。

もう少しワタシ的な考えをつけ加えさせていただけば
「してもらう」ために「してあげる」ということも同様なのではないでしょうか?

例えば「誰かのために」したことであっても、相手に期待した成果や反応が
なかった時に不満になってしまうというのは、その成果や反応を相手から
「(して)もらう」ためのしてくれ症候群からの行動だといえそうです。

心理学的には、最近よく耳にしますが自己愛不全傾向と言われています。
赤ちゃんの認識のまま、母親の役割である「してくれる人」
他人に求めるということなのだそう。

成長とともに、母親の「してくれたこと」愛情に裏付けられた得がたいものだと知り
してくれなかったことより、してくれたことの方を強く意識するという転換期が訪れます。

ここに母親からの、そして大人としての精神的巣立ちがあるのではないでしょうか。

ところが、そもそも「してもらえなかった」場合や、また肝心の「してあげる」動機が
純粋な愛情ではなく、してくれ症候群によるものであったら?

世間には、肉体的には成長したわが子に「してあげ続ける」親も多く見受けられます。
これは、その動機がしてくれ症候群によるものであったために止め時を知らないままの
状態なのではないでしょうか?

そのような場合、得ることの喜びが満ちることはなく、感謝の気持ちはわかずに
してくれ症候群は再生産されていくように思います。

これは要求されずに受け取ることのできる、いわばに満たされていない飢餓症状
なのではないかと思う今日この頃です。
[PR]

by dryangle | 2007-03-13 12:46 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 体罰は"効果的&qu... ワタシの気持ちをわかってくれな... >>

Illustration by ふわふわ。り