金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
心の関係を見つめる時に…
自戒を込めて、ワタシが第三者として人の心の関係を見つめる時に
心がけていることを書き留めてみたいと思います。

それはjudgeにならないということです。

心の世界では、善悪や正邪・正誤などの観念がその人の心の座標
によって大きくズレたり、時には反転することさえあります。

問題のどちらの言い分がリーズナブルであるか?を、第三者の視点や一般論で
評価できたとしても、問題を生み出す心の原因癒すことにはつながりません。

時にはそれらの意見が、本人の気づきを妨げる結果になりかねないこともあります。

そのために、訴えている問題の裏に隠されたその人の本心と、その反応(行動)
の目的
を探すように努めています。
それを具体的に言葉にして、こういうことではないでしょうか?と問うだけです。

その一つ一つから、その人がああ、そうかと思えることで
(もちろん、的外れなこともあるでしょうが)、これまでに認識しなかった
なにかに気づくことを促すように。
そして今の方向性を修正しようと気づくことも、その人の心の癒しとエクササイズ
になるではないかと思います。

また感情的に異論・反論が込み上げるというような、心の抵抗に気づくことでさえ
その心に現状を変化させるための風穴が開くことには違いないように思います。

人に他人は救えない

ワタシはこの言葉に戒められ、そして救われもした経験があります。
誰かが自分の心を救おうと挑むお手伝いができたらいいなぁ…と思っています。
[PR]

by dryangle | 2007-03-19 22:13 | ココロと思想 | Comments(0)
<< 「泣かないで」より「泣いてもい... 離れたほうがイイ関係? >>

Illustration by ふわふわ。り