金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
そこに愛はあるのかい?
誰もが、求めながらも(求めていることに気がつかないヒトもいますが)
その実体がわかりにくい
古今東西、多くの偉人がの定義を語ってきました。

キリスト教世界のエロスと(フィリアと)アガペーの区別は有名ですが
ワタシは、二つのベクトル(エネルギーの向き)によって分けられる
ように思っています。

一つは自分の心を満たし安定させるための求める向きのエネルギー
もう一つは相手の心を満たし安定させるための与える向きのエネルギー

関係の双方が求める一辺倒だとエネルギーが分散して、
その関係は不安定になり破綻しかねません。
それでも当人はしている(≒求めている)と感じているのです。

関係が(真の意味で)安定するには、一方(もしくは双方)に
相手(の心)を守ろうという心の方向転換が必要だといえそうです。

ごくシンプルにいえば相手を許し、相手にやさしくなるということですが…
これができずに苦しむヒトのなんと多いことでしょうか。

それは自分を許し、自分にやさしくなる気持ち
表裏一体の同じ能力だといえます。
つまり自分を許せず、自分にやさしくなれないヒトが多いとも
いえるのかも知れません。
それができるヒトは、相手(の心)を守ることで自分自身の心も穏やかさと
安定の恩恵を受けている
のです。

相手の反応の如何ではなく、そうすること自体に喜びを感じる時
の絆を強めるエネルギーが発揮されます。

する能力は磨くものだとつくづく思います。
アナタは誰かをしていますか?
[PR]

by dryangle | 2007-05-29 09:31 | パートナーとの関係 | Comments(0)
<< 心が極楽に住める方法 自分と誰かの気持ちを支えられますか? >>

Illustration by ふわふわ。り