金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
やさしくできないのはなぜ?
それは、ズバリ。
やさしく仕方がわからないから。
なぜなら、それまでやさしくされてこなかったから。
代償を期待されるニセのやさしさにしかふれてこなかったから。
失敗や、弱さや、欠点、みっともなさを、やさしく許されたことがなかったから。

そして…
自分の方がやさしくしてもらいたいから。

相手の失敗や弱点に、不満がわいてやさしく許すことができない。
相手の言葉が自分への責めに感じられ、過剰に反撃してしまう。
思いやりややさしさ、共感といった言葉が偽善に感じる。
誰かに自分の弱さや欠点を見せることに抵抗がある。

これらはすべて、これまで周囲の人から学びとった心のあり方です。

この世に信頼に足るヒトはなく、この世は信頼に足らない場所である。

というメッセージを受けて、生きてきた結果に他なりません。

…ワタシ自身もその一人でした。

まだ子供の頃、お友達の家に招かれた時にウッカリ食器を落として
割ってしまいました。その家のお母さんは

「大丈夫?怪我はなかった?」と聞いてくれたのですが
ワタシは失敗への罪悪感から、ひたすら謝り続けていました。
そのお母さんが「モノよりもヒトの体の方が大切でしょう?
と言った言葉を、今でも衝撃的に覚えています。

ワタシの方が大切? 

こんなワタシが大人になり、誰かにやさしくしようと望んだときに
当然どうやって接したらいいのかわかりませんでした。
記憶の底から探し当てたのが、この出来事だったのです
(こんな経験すらなかったら?と思うと、気持ちが凍ります)。

物事の結果よりもアナタ自身の方が大事だよ。

そうイメージして、言葉や態度を選ぶように努力してみました。

知らなければ、練習しなければ、できるはずがないのが当たり前。
やさしさや思いやりが、高度な能力なのだとつくづく知りました。

ある人の役割よりも、その人自身の方が大切だと思えますか?

親として、子供に伝えておきたいことはそれだけです。
ワタシもいまだ発展途上人なのですが。
[PR]

by dryangle | 2007-06-06 14:51 | 子育て・教育 | Comments(0)
<< 操作主義と子育て~子供をプロデ... 心が極楽に住める方法 >>

Illustration by ふわふわ。り