金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
愛と犠牲(2)
(前回からの続きです)

人の心にダイレクトに作用するものは、表面の行為の種類ではなく
その心のあり方なのではないでしょうか?

は相手の幸福を願い、相手を癒そうと努めること。
そのためのコミットメントは本人は苦痛を伴いません。
むしろ与えることによって喜びや満足というエネルギーを還元します。

ところが、愛を伴わない犠牲は明らかに抵抗や苦痛を伴います。
意に反していたり、心に余裕のないままに差し出し・持っていかれる痛みです
結果として、こちら側が得るものへの思惑が外れると憎しみをも生み出します。

相手へと差し出す行為の目に見える部分が同じであっても
その関係の成り行きは全く違ったものになっていくのです。


犠牲によって支えられた関係は、やがて必ずなんらかの歪みが起こり
破綻へと向かうものではないでしょうか?

前述の話であれば、木の幸・不幸も、さらにはちびっこのそれも
ストーリーの結末は、木の真意によって変わってしまうように思うのです。

あなたと周囲の人との関係は
愛に支えられていますか?それとも犠牲に支えられていますか?

*便宜上、という言葉を多く使わせていただいていますが
慈愛charityといった意味合いを意図しています。
また犠牲については、我慢という言葉に置き換えてみても
いいかも知れませんね。
[PR]

by dryangle | 2007-08-10 03:32 | 周囲の人との関係 | Comments(0)
<< ハッピーは自分の中に築くもの。 愛と犠牲(1) >>

Illustration by ふわふわ。り