金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
ハッピーは自分の中に築くもの。
「愛と犠牲」の話題に関連して、しぼんだまさんという方から
コメントをいただきました。
そのしぼんだまさんが気づきや前向きな勇気を得ることのできた
ある女性からのアドヴァイスが、本当にとても素敵なお話なので
ぜひ紹介させていただきたいと思います。

私も2度危機があって、夫婦でカウンセリングにかかったの。
最初は子供が小さい時が最初だったわ。
夫は仕事でイライラして私に八つ当たりにしてた。
よく東洋の人って子供のためにとか家族のためにと言って
犠牲を払ってるでしょう。
本人がハッピーにならないで、子供をハッピーにするなんて
理論は成り立たないの。
夫は妻をハッピーにする。妻は夫をハッピーにする。
2人で歩み寄って行かなきゃ。
そしてそれを見て子供はハッピーになる。そして家族になるのよ。
あなたが今離婚しないのは子供のため。
自分の人生もハートも犠牲を払っているんです。
私はハッピーじゃないけど、子供のために家庭に留まっている。

なんて思い続けたら、改善のスピードが遅くなるし、何も変化しないかもよ。
旦那が意地悪なことを言ったら離れるの。
彼がトリックをしかけてきたら、そのトリックをしないように言うのよ。
彼が努力を放棄したら別れるだけの価値はあります。
決して子供のために私は家庭にとどまるなんて思ってはだめ。
私もハッピーになりたい。そして彼にもハッピーになってもらいたい。
そう思い続けて。


このお話は、とても大切なことを教えてくれているように思います。

問題は結婚生活を維持するか、否か?ではなく
シアワセを築く選択をするかどうか?だということではないでしょうか?

ひたすらに耐える(犠牲になる)ことで結婚生活を維持する
夫婦(親)を見て育つ子供は、それが過酷なものであるほどに
自分の将来の結婚生活に夢を見いだすことができなくなります。
その結果、結婚自体を望まなくなったり、また
うまくいかないのなら、お互いのために別れるべき
という考え方が生まれてきます。

それもそれでヨサソウなものですが、どちらにしてもその未来には
家族がシアワセに暮らしていく方法を見つけ出せないままの
子供達が再び育っていく、という運命の伝承が存在します。

暮らしや家族のスタイルは多様であってよいと考えますが

犠牲ではなくシアワセを築く決意をし、前向きに歩むヒト
そしてその姿から学ぶことのできるヒトが
シアワセに暮らしていく方法
得ることができるのではないでしょうか?


I'd like to give a HUGE THANK YOU toしぼんだまさん.
[PR]

by dryangle | 2007-08-18 18:54 | パートナーとの関係 | Comments(1)
Commented by しぼんだま at 2007-08-20 03:10 x
私の母も毎日、つまらなそーな顔でいましたっけ。1,2度「本当はお父さんと別れたいんだけど、あなたがいるから別れないだけ。」とびっくり仰天なことをのたまっていました。今では母の気持ちが理解できるのですが、日本の古い年代の夫婦だと、それで当たり前という人が多かったのだと思います。まさに私はそれを踏襲していたようで。同じ一生の時間ならハッピーと思う努力だって必要だと思います。この話題を取り上げて頂いてありがとうございました。
<< 自分への要求 愛と犠牲(2) >>

Illustration by ふわふわ。り