金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
精神の食物連鎖(2)ー心の貧..
at 2017-06-14 20:00
精神の食物連鎖(1)ー心の主..
at 2017-06-13 18:00
最新のコメント
外部リンク
自分への要求
誰かに甘えられない。他人や自分を責める気持ちが起こる。
いい加減なことや楽しむこと、休むことに罪悪感を感じる。
したいことをするのに、代償が必要だと考えてしまう。

なにかにつけ
こうでなければいけない・こうしなければいけないような
窮屈な気持ちになる。

また自分への要求の強さは、他の人への期待や要求の強さと
正比例します。(美徳や美意識は、あくまで自覚するもの
であり、他者に期待や要求をするものではありません。)

自分の評価の基準が、自分や周囲を不愉快にさせてはいませんか?
この基準や価値感は、心の中にセットされたプログラム。
ある条件に反応して、無意識に起動する仕組みになっています。

その頑張りから得たいものは、ズバリ自己肯定感
(いわゆる自分に自信ってヤツですね)


もともと今そのままの自分の価値が、認められ、受け入れられ
大切にされ、やさしくされ、許され、包まれる穏やかな安心感
誰もが求めているのです。

それが与えられずに、こうであったらと条件ヅケされていくうちに
心の中にそれが観念(というプログラム)となって固定します。
これらは日々の繰り返しによって強化され、より頑なな
コダワリになっていきます。

そして成果によって得られる優越感を、自己肯定感だと勘違い
して追い求めるようになるのです。
(優越感は、比べるという対照依存の感覚です)

もちろん、肝心の自己肯定感も、条件ヅケされ、強化されていく
観念に他なりません。

さらに無条件に、自分以外の誰かを、認め、受け入れ、
大切にし、やさしくし、許し、包むというプログラム

至っては、ほとんど普及しないまま^^;

こんな状況で、条件ヅケや評価基準ばかりが厳しくなっていくと…?

多くの人のココロが機能不全になってしまうのは
当然のように思えませんか?
[PR]

by dryangle | 2007-08-28 10:19 | ココロの不調 | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2007-08-30 07:54 x
確かに、自分に厳しい人は他人にも厳しいケースは多いですね。
一方で、自分の事は全く振り返らず(もっともらしく自分本位な理屈を並べる)、自分以外の殆どの人に批判的な人もいます。(疲!)
どちらが多いでしょうか?
私個人としては、前者は分かりやすいし「あなたは・・・なのね。」と言ってあげられやすく、付き合いやすいですが、後者はなにしろ聞く耳を持たないので、付き合い難さを強く感じます。

一見全く違ったタイプに見えますが、前者はある程度以上”成果を積み上げて来られた”人で、後者は”(たとえ条件付きでも)認められた経験、愛された実感が乏しい”人に多いと言えそうな気がしてきました。こちらの方が、修復がより難しくはないでしょうか?

Commented by dryangle at 2007-08-30 09:40
達成経験が自信となっている人と、それがないままに達成に「執着」している人と。たしかにハル@jp のおっしゃるような違いがあるかも知れませんね。
後者にいわゆる「自己肯定」の気持ちを持つための難しさがあるのでしょうが、一方前者も達成を維持できなくなった時の危うさという問題を孕んでいるように思います。

今日は空に素晴らしい虹の橋がかかりました。子供共々それを眺めながら、不思議と前向きな気持ちというか、喜びというか、ヨシ!みたいな素敵な気分を味わいました。
虹は自分の努力で得られるものではありませんし、虹を得ることのできない自分や他人を責めたりはしませんよね?
それでも虹は時にワタシ達の心を素敵に満たしてくれる。
人生にも、そういう部分があるということではないでしょうか?
<< 誰かの苦しい気持ちに届くように。 ハッピーは自分の中に築くもの。 >>

Illustration by ふわふわ。り