金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
生き方感覚
言葉は、成長の過程で周囲や親から学び
たいていの場合、苦もなく使えるようになります。

そして当たり前にそれを使って暮らしています。

成長期を過ぎてから、第二言語(外国語)を
習得することの難しさは誰もが想像できますよね?

なぜなら、言葉はたんに語彙を記憶し文法を
理解すれば使いこなせるというものではなく
体験による有形無形さまざまな情報が複合的な
基盤となって成り立つものだからです。

ある言葉を使いこなす基盤を得るためには
人が成長するまでの情報が必要だといっても
いいのかも知れません。

ワタシ達の感情や行動を左右する観念や感覚
つまり心のクセ(傾向性)もそれと似ています

ワタシ達は、これまでに習得した生き方感覚
駆使して今を暮らしているのです。

成長過程で、自分を肯定しながらチャレンジしていく
感覚を、親や周囲から学びとることができた人は
シアワセですよね。

でもその反対だったら?

自分の言葉が通用しない時
自分の言葉では暮らしにくい時
どうするか?

通用する新しい言葉を学ぶ努力をする。
自分の言葉を使うことを周囲に強要する。
周囲の人とできるだけ関わらずに暮らす。


生き方感覚についても
それによって暮らしにくいと感じた際に
ヒトが取る方法は似ているのではないでしょうか?

言葉が通じても、気持ちが通じ合わない時に

アナタならどうするでしょうか?
[PR]

by dryangle | 2007-09-27 14:45 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 人生の午後を生きる 恐れと尊敬・似て非なる関係 >>

Illustration by ふわふわ。り