金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
「犠牲」の役回り(2)
(前回からの続きです)

皮肉にもこのパターンは、相手や自分の心を真の意味で
満たすことができないままに苦しく行き詰っていきます。

そのまま人生を乗り切ってしまうことも多々あり
さらに他の人にも影響し、受け継がせてしまうことも
めずらしくありません。

ある意味、関わる全ての人が犠牲者だと
いえるのかも知れません。
不幸な人間関係の周辺には、この犠牲者
集まっているように思います。

自分の中のネガティヴな感情に気がついた時
そういった問題が奥底に隠されていることを知らせてくれて
いるのではないでしょうか?

問題の本質にきちんと向き合った時に
それを解決(心の分野では癒すという言葉が使われます)し
自分を生きる糸口を得るように思います。

こんなにも頑張っているのに…

そんな言葉が思わず浮かんできたら。

環境や条件など、今の状況を変えるにあたって
まずは自分の心のあり方を変える努力をしてみませんか?

自分が変われないとあきらめ続ける限り
状況もまた変われないという答えを
その人に返し続けるのです。

愛する人、大切にする人、やさしくする人
認める人、幸せになる人


が存在しなければ、誰一人満たされることなどあり得ないのです。
[PR]

by dryangle | 2007-10-26 10:18 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< ヤマアラシになっていませんか? 「犠牲」の役回り(1) >>

Illustration by ふわふわ。り