金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
愛情表現?それとも受動攻撃?
心の不調や問題には、いわゆる「生きづらさ」から精神疾患までのスペクトラムがあります。
こちらでは、特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど
多分野から
心の癒しとメンテナンスに役立つ情報を集めています。
初めていらした方へ…dryangleとブログ金魚迷惑について


相手のして欲しいことではなく、自分のしたいことをしてあげる人。
それにたいして感謝の気持ちを要求する人。

恩着せがましさというのも、その内の一つかといえますが
これによって罪悪感自分への注目といった
ある一定の感情を相手に要求している人は、自分の内に
不安な心を抱えているといわれています。

相手が自分に感謝をしてくれたり、申し訳ない、そんなにしてくれて
悪いなどといった気持ちが返ってこないと充実感が得られず、不満、
そして不安な気持ちになるのだそうです。

つまり自分の満たされなさを埋めるために、相手になにかを
してあげているのだといえます。

それは自分が注目されたい、つまり自分の価値を認めて欲しい
ということへの渇望とその欲求不満の表れなのではないかと思います。
それによって自分の価値のなさ、もしくは相手から見捨てられてしまう
こと
からの不安をやわらげようとしているのではないでしょうか?

そして…
それを愛情と呼ぶ(信じる)人が世間にはたくさんいるように思います。

心の世界では、これを依存や心理的しがみつき、境界線の侵害などなど
さまざまな概念で説明されていますが、親離れ・子離れには必ず
この種の問題がついて回るように感じています。

親の側の、大人となった子供に対していつまでも権威を保ちたいという
気持ちは子供と対等になることへの怖れでもあるのかも知れません。
ついには、感情的になって脅迫するというような駄々コネレベル
子供の気持ちを要求してくる人もいます。

ワタシ自身も経験したことですが、子供の側にとっての親離れ・自立
このような親の感情にふり回されないようになることだと思います。

親(相手)の行為や発言に、憤慨したり、罪悪感を覚えたり、
不愉快になったり、悲しくなったり、淋しくなったり、落ち込んだり。

それこそが相手の思惑にはまってしまっているということ
なのではないでしょうか?

その都度、親(相手)も不安なんだ・認めてもらいたいんだな~
共感するように心がけてみるといいかも知れません。

DSM(アメリカ精神医学会による分類)にはないものですが、
ICD(WHOによる疾病分類)の中に受動-攻撃性(否定的)
Passive-Aggressive (negativistic)と呼ばれる
※人格障害 (personality disorder) の項目があります。

この受動-攻撃性という言葉の意味について、日本語では
被害者のふりをして他人を非難するというように説明されたり
していますが、実感をなかなかつかみ損ねていました。
今回書かせていただいた(恩をきせて)相手に気持ちを強要する
というあたりは、まさにこのことではないかと感じ始めています。

心を期待される重たさに苦しくなっていませんか?

愛情とは、相手の安心や自信、そして幸福感を願うものなのです。

人格障害とは、人格が著しく偏ることによって社会生活に何らかの
 破綻をきたす障害のこと。
 これを精神疾患とするかどうかにはいまだ議論があり、 また本人は
 自分のパーソナリティが障害だとは感じていない場合が多い。

[PR]

by dryangle | 2007-11-28 14:53 | 親子の関係 | Comments(6)
Commented by matsurika_2012 at 2009-03-31 17:34
アタシの中に染みこんでしまった「負の置き土産」は、まさにこれ。
アタシが育った家庭は狭い幻想の世界に過ぎなかったのか、いいえ、家庭の外の広い世界にも存在していました。
そんな人達は、アタシのようなターゲットをいとも簡単に見分けることができるんです。そして同時にアタシ自身が引き寄せてもいるんですね。
アタシが先生と呼んでいた60代の女性もそう。
今やっとその呪縛から離れて思うこと・・・それは彼女の息子さん。
彼は真実の自分の人生を生きているのだろうか。
「彼が学生時代引きこもりで私は苦労したのよ。」彼女からそんな話も聞いた。これは母親にとっても、子供にとっても不幸なこと。
しかし、「引きこもる」一つの原因として、親が子供に「罪悪感」を利用してコントロールすることの弊害ゆえということ。
母親はこの上なく幸せだ思う。だけど、あなた自身の幸せは?!
「結婚願望なんて僕にはないんだよ。」と彼は言う。
あなたは自分自身の人生より、母親の為の人生を生きるんだね・・?!
アタシは遠くからあなた自身の幸せをお祈りしています。

dryangleさん、場所をお借りしてしまいました。ありがとう♪♪
Commented by dryangle at 2009-04-01 08:28
もしこのブログが、誰かの心の整理をするための「叩き台」になる
ことができるとしたら、ワタシとしてもウレシイ限りです。
いつでもご利用くださいね。

引きこもりの背景に「子どもをコントロールする(自立させない)親」の
姿が見え隠れしますが、親自身も同じ鎖で強く自分を縛り上げている
延長線上にあるのではないかと想像しています。
親もまた「苦しまぎれ」に子どもを縛り上げているのではないでしょうか?

とはいえ、親に対する罪悪感からあきらめて犠牲になってしまったり
反対に怒りや憎しみをあらわにして報復攻撃を試みたりすることは
「自縄自縛」であり、さらなる鎖で自らを縛るということだといえそうです。

これを自覚するのは至難の業ですが、これこそが鎖を解く「鍵」に
なるのだと、今のところ考え及んでいます。

先に鎖を解いたどちらかが、縛られていない自分と相手の姿を
知った時、本当に相手を愛する(喜んで全肯定する)ことができ
それによって、互いの現実が変容していくのではないかと
思うのです。
Commented by matsurika_2012 at 2009-04-01 16:37
本当に難しい問題ですね。
負の連鎖の背景には、ご指摘の通り親自身の暗い過去が存在していると思います。
しかし、不幸にもそれらの感情は潜在意識化の深い部分に抑圧されてしまって、
親子関係の見直しや自分自身と向き合うことを先送りにしたり、また難しくしているのかもしれません。
あるいは、愛を与えているように見えて奪う人達は、演技性といいましょうか、自己表現でも独特な個性を持った人もいらして、次々と新しい関係に流れてしまって、静かに向き合う時間を失っているのかもしれません。

アタシも自分の「罪悪感」を深く抑圧していましたから。(^_^;)
でもこうして認識できた今は、そろそろ本当の意味で重荷を降ろす
時なのかもしれません。
先ず、自分自身を積極的に癒して幸せになること♪
真実の自分自身の人生と使命を楽しむ準備をせねば。。。(*^_^*)
Commented by dryangle at 2009-04-02 12:17
愛(に代わる物?)を押しつけたり、得ようとして相手をコントロールする人の中には、恩着せがましかったり、罪悪感につけこんだり、脅したり、時には意図的に感情を取り乱したり、というようにコミュニケーションのあり方が際立っていますよね。
不運にも自分の心が視界に入らない限り、本人さえどうすることもできす、なかなか変化はのぞめませんし、そのままで人生を終えてしまうこともままあるように思います。

茉莉花さんがおっしゃるような「引き寄せ合う」という状況は、人の心の中にも凸凹といった性質があって、相手との関係性によってそれぞれの性質が引き出され、ハマってしまうようなものではないか?とイメージしています。
コントローリングが凸ならば、従わせられるのは凹といったような…
この凹の性質については、相手の期待(というより、勝手な要求)に応えられないことへの強い罪悪感が典型だといえるのかも知れません。

じつは、ワタシも今だに折にふれ『罪悪感』という縛りを痛感させられています。
またそれを認識させてくれるような人や出来事が次々現れてくるのですよね^^;(下に続く)

Commented by dryangle at 2009-04-02 13:51
(上から続く)
自分が不本意な反応をしてしまったり、犠牲になったと感じたり、傷つけられてしまった時に相手や自分を責めるのではなく、内にある『罪悪感』を認め、そのカラクリにきちんと気づいてあげること。
それが凹を平らにしていくプロセスだといえるように思います。
ほぼ平らになれば、凸と噛み合うことはなくなりますよね^^(実際にスマートな対応のできる人もいて感心させられます)。

「大人になる」ということは、このようにして「自分の中の課題」と取り組めるようになることなのかも知れません。

茉莉花さんの凹がグングンと浅くなりますように^^。
Commented by 茉莉花 at 2009-04-03 02:37 x
dryangleさん、ありがとうございます。
アタシは心の中で宣言して、自分にコミットしている最中です。
「アタシは、アタシの中の罪悪感を手放します!」と・・・

内にある「罪悪感」を認めるという作業。
これ、とても難儀です。(^_^;)
自分や相手に対する怒りの感情、様々なネガティブな感情も出てきますもの、確かに。
でもその時、またその出てきた感情を抑圧してしまうようでは
決して内なる罪悪感を認めることはできないと思うんですね。
ですから、アタシはこう思うんです。
その感情を思いっきり感じ切ってみる。
思いっきり涙してもいいし、叫んでもいいし、相手を責めて(心の中だけで)もいいと思うんです。
もう~!七転八倒しながら全て出し切ってみるんです。
その葛藤の先に、光に向かう道筋が見えるのではないかと・・・
そして、それがいつか全ての解放につながるのではないかと。
決して美しくないです。ヘドロの中でもがくようなものです。
でも、アタシはそれがより人間らしいと感じます。(^o^)丿
答えが出ました!なんだか、今すっきりしましたよ♪
良い学びのプロセスになりました。本当にありがとう♪
<< 自分の「エゴ」に気づいていますか? ヤマアラシになっていませんか? >>

Illustration by ふわふわ。り