金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
心の武装 ~エゴという概念~
自分の心を知るためのキーワードとして、哲学や心理学・いろいろな
宗教の中にエゴという言葉を見つけることができます。

それが、自我そのものを指したり、その意識(機能)であったり
また多くは自己中心性という意味のみに使われていたり。
ややこしくて、きちんと解釈することがムズカシイですね。

ところが自分の心を縛ったり、時には閉じ込めてしまう檻となる心の働き
(言葉を換えると、執着・依存・煩悩・インナーチャイルド&ペアレント)は
このエゴという概念によって理解しやすくなるようにも思います。

他の存在やそれとの関係と、自分を線引きし区別しようとする働きエゴ
もともと自己の存在を安定・維持するための働きですが
物事に際して、過去の記憶のパターンに沿って不安・恐れ・怒り・許せなさ
といったネガティヴな気持ちとなって警告を発します。

そしてつい、相手をコントロールしようとしたり、へつらってみたり
正当性を追求したり、攻撃したり、過剰に防御したり、ごまかしたり
押しつけたり、競ってみたり、孤立したり、自慢したり、軽蔑(バカに)したり
疑ってみたり、信じられなかったり、ひきこもってみたり、自責したり
…という方法を用いて対処をしてしまうのです。

成り行きが思い通りにな(ったと思)ってしまうと、エゴは満足します。

ところが、その満足は真に心の安定を約束することなく
だんだんとエゴを肥大させていくのです。

なぜなら一方で、その度にその物事を不安・恐れ・怒り・許せなさを
触発する存在として肯定し、その意識を強化していくのですから。

当然、その反応や対処のチカラもより強くなっていきます。
また恐ろしいことに、その反応のパターンが相手の心の中にもコピー
されます。

こういったパターンが、自分の心を消耗させ心の病の温床となったり
他者との関係を悪い方向に導き、ついには行き詰らせていくのではないでしょうか?

・エゴと愛情の見かけ方

自分の気持ちを満たそうとする動機であったらエゴ
相手の気持ちを満たそうとする動機であったら愛情

以前このように書かせていただきましたが、
「今この瞬間」せいぜい、未来5分間以内
(これといった根拠はありませんが^^;)に

自分の気持ちを満たすためならエゴ
相手の気持を満たすためなら愛情

とすると、さらにエゴを見抜きやすくなるのではないでしょうか?

・自分の本心とエゴの見分け方

エゴがその気持ちを動かす時
不安・恐れ・怒り・許せなさ・憎しみ・焦り・モヤモヤ・ムカツキを感じます。

本心がその気持ちを動かす時
ウキウキ・ワクワク・感動・落ち着き・清清しさ・和み・喜びを感じます。

なにかにつけて

自分のエゴがバリバリ反応している。

意識がこのように気がつくことによって、自分の心や他者との関係を
好転させるための鍵を手にすることになります。

また他者のエゴから、真の意味で自分の心を守る方法を知ることができます。

自分や相手のエゴを見抜き、うまく付き合う方法を模索することで
ようやく自分(本心)を生きるための扉を開くことができるのです。

エゴの満足ではなく、自分の本心からのヨロコビを知りたい。

つくづくそう願います。

※今回は、BLOG「やわらかこころ塾」と共通の内容です。
[PR]

by dryangle | 2008-04-15 19:59 | ココロのカラクリ | Comments(0)
<< 「自分の軸」を保つ心の中のジャイロ 感じ方の違い~心の鏡が映し出すもの~ >>

Illustration by ふわふわ。り