金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
AC ~ラベルではなく道しる..
at 2017-09-26 14:03
心は言葉を持たない。
at 2017-09-20 15:38
Absolute Innoc..
at 2017-08-11 13:53
二重拘束の女王
at 2017-07-25 15:16
自責プログラムの反転攻勢
at 2017-07-11 13:47
最新のコメント
外部リンク
心の発達不全~知育偏重の最先端
知人から、以下のような母子の会話の
エピソードを耳にしました。
(出所は不明です)

ある母子が、道端にチューリップが咲いているのを見つけました。

子:お母さん、お花が咲いているよ~!
母:〇〇ちゃん、黄色いチューリップが3本
  赤いチューリップが4本、全部で何本?


この種の話には、猫バージョンというのもあって…

子:お母さん、ネコちゃんがいるよ~!
母:〇〇ちゃん、お耳が二つ、おめめが二つ
  お鼻とお口は一つづつ、全部でいくつ?


あり得そうな話だと、率直に思いました。

学びのための一つの機会として、これを否定する
つもりはまったくないのですが

もし、一事が万事この調子だとしたら?

心の育つ機会はいつあるのだろうか?

と問わずにはいられません。

人の心は生まれつき備わっているものではありません。 

自分自身、これまでをふり返って心も能力だと
つくづく思います。

脳科学が流行していますが、心といった高次の機能にも
言語と同様にそれを育むのに重要な時期というものが
たしかにあるように考えています。
感受性期(sensitive period)、もしくは臨界期(critical period)
といったものが、存在するかも知れません。

その時期を活かし、子どもに人の心を育むのは、他でもない
ワタシ達一人一人の親、そして大人。

イキイキとした心を虚勢された人々の、絶望に支配されるような
社会が目の前に広がることのないように。

…心を(で?)尽くしたいと思うのです。

※ある機能を獲得するために、適切な期間。
[PR]

by dryangle | 2008-06-10 13:02 | 子育て・教育 | Comments(3)
Commented by みーちゃん at 2009-04-20 18:42 x
私は「知」を分かりやすく強制されたことはないですが、裏技みたいなものを使われていたかなと思います。
あと「知」に偏ったというよりは「心」が偏って育ったという感じがしています。
時期を過ぎてしまったら取り戻すのは大変なんでしょうね…
Commented by dryangle at 2009-04-21 08:43
みーちゃんさん、ようこそ!
人をコンピュータに例えるのは少々無理がありますが、ハードを頭脳、ソフトを知恵という(知育で育てる)スキル、情報を知識というように考えてみても、それだけだと単なる「ロボット」に過ぎないように思います。
そのロボットが一体誰の役にたつのか?!は、さておいて…。
そのシステムを活かすハート(心)あっての「人」だと思いたいのですが、それがうまく連動できないあたりに人としての不調が起こるのかも知れませんね。
Commented by みーちゃん at 2009-04-21 18:59 x
そうですね。まさにバランスの不調だと思います。
<< ヒトラーの親子関係と「魂の殺人」 血液型、気になりますか? >>

Illustration by ふわふわ。り