金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
早期教育について考える
前に心の発達について書かせていただきましたが
お子さんへの早期教育に関心のある親御さんが
多いことを知りました。

早期教育と一口にいっても、すべて知育偏重というわけでは
ありませんし、ワタシ自身はこの分野の手法にあまり詳しくないので

ひとからげに早期教育を批判する主旨ではない
ことを前置きした上で…

かなり前に日本で手にした「脳を知りたい!
(野村進 講談社+α文庫 2001年)」
という本の第一章にあった
脳と早期教育」の内容を思い出しましたので
記憶に留めるためにも、こちらで少しご紹介させていただきます。

右脳が大量暗記に適し、大量の暗記が右脳を開くという説について
サルの前頭葉の研究で知られる久保田競(京都大霊長類研究所元所長)氏は
「僕だって知りませんよ(苦笑)」と答えています。
また脳は非常に可塑的(柔軟性に富んでいる)であって、幼児期にIQが
決定され、成長後のIQがほぼ正確に予測できるという説には全く否定的です。

IQについても、米国の認知心理学者ハワード・ガードナー博士による
知能の多重性」という理論によって、知能はひとつではなく、八種類か
それ以上の知能がおのおの独立・平行して存在
し、IQはそのごく一部の
測定に有効とみなされているに過ぎないという見解があります。

北海道大学医学部の澤口俊之教授は、これらの知能をまとめて
コントロールするものこそが『自我』
であり、これが前頭連合野の
46野あたりにあるという仮説を打ち出しました。

乳児の脳画像研究をされる小西行郎埼玉医大教授は、
乳幼児の脳に特定の刺激を与えすぎることは、
脳の発達に悪影響を及ぼしかねない
と危惧されています。

個人的には、人格が脳機能(実際にはまだまだ解明されていない)から
統合的に創造されるものだとすると、知育(に限らず)偏重の危険性は
やはりあり得るかと考えます。

長くなりましたがこの章の最後に、早期教育ではつねにその名前が挙がる
ソニーの井深大氏についてふれてあります。

氏が早期教育に傾倒した理由は知的障害児のわが子に
何もしてやれなかったという無念さからであること。
また晩年には「知的教育は言葉がわかるようになってから、ゆっくりでよい
(朝日新聞90年4月28日付夕刊)と、真情を吐露していることは
案外知られていないように思いました。

子どもが愛されているという安心感とか、好奇心を伸ばせるような
環境を与えてやることのほうがずっと大事。

肝心なのは天才に育てるんじゃなくて、幸せな人に育てるということ。


前述の小西氏の言葉が、"心"に残った内容でした。
[PR]

by dryangle | 2008-06-18 15:15 | 子育て・教育 | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2008-06-19 11:33 x
SHさんのHPで、dryangleさんのご意見に続いて、私見を書かせていただきましたが、所謂天才児・秀才児の育成を目標に早期教育を試みてみようと考える方の周りには、「頭が良いから幸せになったと思われる人」が多いのかな?と思いました。だとすると、私が見て来た世界とは随分違います。勿論、頭も良くてお幸せそうな人も、沢山います。でも、頭でっかちで、人とまともに交流できない(・・・となると、仕事上も弊害が大きいし、本人も幸せ感は薄いと思います)人も多いと見ています。私には恐ろしくて、脳が急速に発達するとされる時期の、早期教育なんてとても考えられません。更に、日本で学校教育を受けさせる場合、30名から40名の生徒の一人として、先生のお話を聞ける事が一番大切だと思います。学校の先生を内心バカにしていたという夫は、息子に「予習をさせるな」と言います。「いろんな事を初めて先生に教えて貰うというのでちょうど良い」と。自分の幼少期に反省や後悔があるのでしょう。

人を受け入れにくかったり、受け入れられにくかったりすると、幸福感は得難いと思います。一人でも幸せな人(自分が幸せと思える人)が増えると良い社会になると思います。
Commented by dryangle at 2008-06-19 16:20
ハルさん、いつもコメントをありがとうございます。

脳の発達段階には、さまざまな能力それぞれに、それを取得するにふさわしい時期や、それを過ぎてしまうと難しいとされる感受性期・臨界期といわれる時期があるとされています(絶対音感や言語取得などの話題で取り沙汰されていますね)。
可塑性を肯定しても"それぞれの能力を得るに適した時期"というのは確かにあるとワタシも考えます。ただ、それぞれの範疇(または総合的)に心、つまり人格の形成という大切な部分があるように思うのです。
"三つ子の魂百まで"という言葉にも賛否両論があるようですが、その魂を"心・人格"に置き換えてみると、その時期まで(幼少期)は知育よりも"心の形成に重きを置くべき"だという教訓を示しているような気がするのです。
"人と心を通わせ合うことができる"というのも、その中の大切な一点に違いありませんよね。
<< ”今この瞬間”のチカラ ヒトラーの親子関係と「魂の殺人」 >>

Illustration by ふわふわ。り