金魚迷惑

★☆★不定期更新★☆★


~外側からしか見ることのできない自分を閉じ込めている檻~

人間は、これこそが自分自身だと思っているものを守ろうとして壁をめぐらす。
そしてある日、その壁の内側に閉じ込められ、出られなくなってしまうのだ。

ロバート・フィッシャー『ナイト』より
Men are not prisoners of fate, but only prisoners of their own minds.
ーFranklin D. Roosevelt
The significant problems we face cannot be solved at the same level of thinking
we were at when we created them.
-Albert Einstein


気づいてみる。意識してみる。何かが変わり始める。
流れをイイ方向へと転換するターニングポイントを一緒に探しませんか?
初めていらした方へ… dryangleについて

●過去記事のタイトル別一覧表●

"自分"に疲れていません?
by dryangle
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Carpe Diem
自分を生きることに
疲れてしまったら…
心のプログラムのバグを
探してみましょう。


NEW!!
ご意見・ご感想・心の荷卸し等々はこちらにどうぞ


生きづらさのセルフヘルプ

by Exite (サークル)

dryangle*心のゴミの処分場
↑心の傷の膿と向き合い
処分しませんか?
(要メンバー登録)



メインサイトです。
dryangleでは…
特定の療法や理論,思想にこだわらず、心理学・精神医学・カウンセリングなど、多分野から心のメンテナンスに役立つ情報を集めています。


↓アメブロ姉妹ブログ
やわらかこころ塾
作業用ページ(非公開)

イラスト by ふわふわ。り
ブログパーツ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
外部リンク
”今この瞬間”のチカラ
見ていた映画の中に、銃を向けられても脅えないという女性が出てきました。
これまで銃という存在や概念をまったく知らずに育ったのです。

ワタシ達には、銃というモノについての予備知識があるからこそ
それを自分に向けられることの意味を知り、成り行きを予想して
恐怖という感情がわき起こるのだといえます。

つねづね思うことなのですが、過去(の記憶)につながる
心の痛みや、未来に対する不安がなくなれば

過去をふり返り、未来を予想しては、重たくなる心

がなければ、さぞかしラクなのではないでしょうか?

最近、「The Power of Now (Eckhart Tolle 著)」という本を
読んだのですが、スピリチュアルな内容としてだけではなく
心理学的な側面から読んでみても、得るものがありました。

自分がどれほどエゴイストかとあらためて気づかされた
(この点については、またくわしく)だけでなく 
これなで稚拙な文章でお伝えしようとしてきたコト、
つまり自分という心を見つめる別な視点(新たな自分)を得ることの
大切さを明快に認識できたように思います。

この本では、それが”今この瞬間”からエネルギーを汲み取るための
重要なゲートだとされています。

ワタシ自身は、このゲートに自在にアクセスできる
悟りの域に達するには、残念ながらまだまだ及びませんが^^;

惑う心、痛む心、苦しむ心、悲しむ心、憤る心を見つめる
ニュートラルな"今この瞬間"の心の眼というエッセンスを
しっかり活用していきたいと思うのです。
[PR]

by dryangle | 2008-08-14 14:05 | ココロのカラクリ | Comments(2)
Commented by ハル@jp at 2008-09-01 14:24 x
紹介されている本、おもしろそうですね。英語での、ましてやスピリチュアルな内容の本を読む能力はないので、残念です。今日、新聞に斎藤茂太さんの講演CDの広告がでていて、その中に「あのねぇ、5年も6年も先のことを考えちゃだめですよ。今日一日をうまく頑張って生きていればそれがその人の人生になるんです。」という一文があり、確かにねぇ・・・と納得した私でした。もしかして、通じていますか?
Commented by dryangle at 2008-09-02 20:50
ハルさん、こんにちは^^
もともとOprah(Winfrey)'s Book Clubにあった"A New Earth"という本を勧められて手にしたのですが、これがなかなか興味深かったので、著者Eckhart Tolleを有名にしたというこの作品も読んでみました。
今調べたところ、日本では『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(飯田 史彦監修)』という邦題で翻訳されているようです。こちらは読んでないのでなんともいえませんが、書評を読む限りイメージがまた違うように(言葉のせい?)感じました。

ゲシュタルト療法や認知療法、座禅や瞑想など、心のトレーニングの多くは「今・ここ・この瞬間」を問題にします。自分がとらわれている観念の尻尾を捕まえることのできるのは「今・ここ・この瞬間」にしかないということで、連続する「心の動き」の奥底に根付いてこそ「生きる」ということなのかも知れませんね。
<< "気に障る"... 早期教育について考える >>

Illustration by ふわふわ。り